あのころの気持ち。

寝てもさめても。

10代のころに夢中になった
アーティストがいる。
何度もコンサートにでかけ
写真集だの、雑誌だのをたくさん買った。
コンサートや新譜の出る前日は
楽しみで眠れないくらいだった。

今はあのころのように
彼らの歌を聞くことは
なくなってしまったけど
夢中になっていたころのアルバムを聞くと
あのころの気持ちが一気におしよせてくる。

いつか音楽の仕事がしたい、と
ひたすら憧れていた気持ち。
彼らの歌を聞くとそれを思い出す。

今日、久しぶりに
アルバムを聞きかえした。

いい一年にしよう、と思った。
[PR]
# by atougarashi | 2006-01-06 20:55 | Comments(0)

ドレス職人。

ランチとお茶の昼下がり。

厄払い友達と
ランチを食べて、お茶を飲んだ。

社交ダンスのドレスを
つくっているその友達は
持っていたデザイン画を
見せてくれた。
着こなせる自信はないけれど
着てみたくなるような
ドレスの数々にうっとりした。
わたしはあまり装飾的ではないけれど
すそがアシンメトリーになっていたり
ちょっと変わった感じになっているのが
好きだなあと思った。

中学のころからの
愛すべき友達のつくるドレスを
いつか着てみたいなあ。

社交ダンスはできないけれど。
[PR]
# by atougarashi | 2006-01-05 21:16 | Comments(4)

お茶と本。

本屋にでかけた。

大好きなお店で
お茶をゆっくり飲んでから
大きな本屋にでかけた。
けっこう混んでいた。
特に参考書や問題集のある一角に
ひとが多かった気がする。

いろいろな棚をじっくり見てまわって
詩集と小説を買った。

今年もたくさんの素晴らしい本を
発見できますように。
[PR]
# by atougarashi | 2006-01-04 21:29 | Comments(0)

厄払い。

厄払いにでかけた。

少数精鋭の友達のひとりと
川崎大師まで
初詣と厄払いにでかけた。

とにかくすさまじい混みっぷりで
わたしたちはあれこれ
話をしながら列に並び
やっとの思いで厄払いをしてもらった。
お札ももちろんいただいた。(俗世では買った、と言います)
妙に晴れ晴れとした気分。

その後、ふたりで
マッサージに行き、ごはんを食べ
お茶を飲んだ。
久しぶりに会ったので
話が次から次へと出てきて
とてもおもしろかった。
いろいろとやる気も出て
元気も出て、いい時間だった。

今日はもりだくさんだった。
[PR]
# by atougarashi | 2006-01-03 23:55 | Comments(0)

コーヒーを探して。

なぜかぐったり。

という気分だったので
お散歩にでかけた以外は
家でぼおっとしていた。
東京は雨も少し降った。

お正月のつまらないところは
コーヒーを飲むことができるお店が
のきなみお休みだというところ。
コーヒーは外でしか飲まないから
こうなるとどうしても
コーヒーが飲みたくなる。
しかたないので、たった一軒だけ
お正月でもあいているけれど
おいしくないお店にはいって
カフェオレを飲んだ。
やっぱりおいしくなかった。

明日は晴れるといいな。
[PR]
# by atougarashi | 2006-01-02 23:29 | Comments(0)

迎春。

長いいちにち。

夜中にダーと
近所の神社と知人の
年越しパーティのようなものにでかけ
2006年をむかえた。

昼間はダーを飛行場に送り
その後バスで帰ったけれど
元旦のことだけはあって
道はとてもすいていた。
いつも信じられないくらい
時間がかかるのに
今日はあっというまだった。
元旦の東京の道路事情は
奇跡のようだ。

夜中まで起きていたせいか
今日はいちにちが長くて
あたまのどこかが常に
眠気を感じているようだった。
今日は早く寝る。

素晴らしい年になりますように。
[PR]
# by atougarashi | 2006-01-01 20:11 | Comments(0)

たのしい、いちにちを。

大晦日。

毎年思うけれど
大晦日というのは
行き止まりな感じがする。
明日にはあたらしい年になるとはいえ
ただの明日になるだけなのだけど。

今年よかったことのひとつは
たくさんの展覧会にでかけたこと。
わたしのなかでの1等賞は
「シュテファン・バルケンホール」でした。

それでは良いお年を。
来年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by atougarashi | 2005-12-31 09:25 | Comments(0)

おとなの旅館。

温泉にでかけた。

ダーと伊豆にある
玉峰館という旅館に
でかけてきた。

旅館の敷地内で
温泉がこんこんと湧き出ていて
その様子は迫力があるし
お湯もたっぷりしていて気持ちがいい。
柔らかい、お湯。

ここは旅館のまわりにも
なんにもなくて
本を読むとか、寝るとか
お湯にはいる、とかしかない。
お料理もちょっとおとな風。
なんにもなくて大丈夫なひとむけの旅館。

お風呂がいくつかあって
ひのきの半露天風呂がよかった。
露天というとまるで池の鯉にでも
なったような気分になるお風呂が多いけど
ここのお風呂は清潔で、気持ちがよくてよかった。

おっきいお風呂ってだいすき。
[PR]
# by atougarashi | 2005-12-30 19:59 | Comments(0)

旅行の朝。

久しぶりの早起き。

おにぎりもつくった。
忘れ物のてんけんもした。
よしっ。

とにかく笑い続ける…という
疲れたけどたのしい夢を見た。
何がおかしくて笑っていたのかは
さっぱりわからない。

ああ、温泉。
[PR]
# by atougarashi | 2005-12-29 06:58 | Comments(0)

日本画とお茶の時間。

院展を見にでかけた。

友達に誘われて
横浜そごうにでかけた。

大きな作品がならんでいて
圧巻。迫力があった。

雪の風景の絵を見ていると
冷たい空気を
夕暮れの絵からは
夕陽の眩しさを
砂埃や風や匂いを
大きなキャンバスから
たくさん感じられた。

なかには大学時代の
知人の作品もあった。
素晴らしい作品で、賞もとっていた。

その後、友達と
ホテルのハイティーという
豪華なお茶の時間を過ごした。
段々のお皿には
スコーンやケーキやフルーツが飾られて
それがそこにある、ということが
幸せなのだな、と思った。

明日から1泊で温泉。
[PR]
# by atougarashi | 2005-12-28 21:12 | Comments(0)

ぺちこです。SHINeeが大好きすぎるほど大好きで、ジョンペンです!pechikosec@yahoo.co.jp


by ぺちこ