<   2018年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

迷うよね。

もうすぐ今学期が終わります。
渡韓して最初の一ヶ月くらいは
生活基盤を整えるために
やらなければいけないことが多かったです。

そのうちのひとつでもあり
けっこう悩む人が多いだろうことが
携帯電話をどうするか、だと思います。
韓国で携帯電話の重要性はめちゃくちゃ大きいです。

留学期間にもよると思いますが
参考までに書いておこうと思います。

留学期間:1年
携帯電話:iPhone(ドコモ)
現在の状態:日本でSIMフリーにして、韓国のSIMを入れ
      韓国の電話番号を取得

まず、自分の携帯がSIMロック解除できるか確認します。
これは調べればすぐわかるし、キャリアのショップで
確認してもらってもいいと思います。
そしてロック可能で、SIMフリーにしたい場合
自分でやることをおすすめします!

というのは、ショップだとお金がかかっちゃうんです。
自分で簡単にできるので!
ドコモの場合→こちらを参考にして下さい。

そして日本で使用していた
電話番号とメールアドレスは
ドコモの場合、毎月500円で預かってくれるサービスがあるので
これをお願いしました。
これは渡韓時に空港のショップでやってください。
じゃないとまだ日本にいるのに
番号使えなくなっちゃうんで。

次に渡韓後です。
渡韓直後、空港からガンガンに使いたい人は
ポケットWi-Fiを最短期間借りるのもいいと思います。
そこまででないなら、公共のWi-Fiを使いながらで
いいと思います。

ポケットWi-Fiは空港でも借りられるけど
ソウルにある語学学校(語学堂ではなくて)などで
Wi-Fiなどの手配もやっていることがあるようです。
留学センターなどを調べてみるといいかもしれません。

次に、韓国のシムを入れる場合です。

日本人の留学生によく知られているのが
新村にある「JKモバイル」さんです。
ここは日本語対応なので安心です。

SIMフリーになった携帯とパスポート
外国人登録証があるならそれを持って行けば大丈夫です。
外国人登録証がまだない場合でも大丈夫ですが
この場合、番号はもらえても自分名義ではないので
例えば音楽番組の観覧、ネットでの買い物には使えません。

外国人登録証が発行されたら
もう一度それを持ってお店に行くと書き換えをしてくれます。
これでやっと自分名義の番号になるわけです。

最初に現金を入れて、そこから減っていくシステムです。
こういったやりとりも全部カカオでやります。

韓国って携帯の番号がないとできないことが
けっこうあったりするんですよね。
例えば、コエックスでのSMのシーグリの予約とか。
あとEMSを出した時も、連絡がショートメールで来るんです。
なのであると便利です。

周りの留学生を見ると、こちらで中古の携帯を購入して
二台持ちの人もけっこう多いし
ポケットWi-Fiを使ってる人も多いです。

ちなみに韓国のSIMを入れても
LINEの履歴とかアプリとか何も消えないので
すぐ快適に使えます!


[PR]
by atougarashi | 2018-01-31 15:15 | 韓国生活 | Comments(0)
お腹いっぱい。

昨日続きですが…。
ごはんは海沿いにある人気のハンバーガー屋さん
「Paul & Mary BURGER」に行きました。
海岸入り口のところにあるので、すぐわかります。
ここ、大人気です。

まずレジでオーダーして番号札をもらいます。
一時間くらい待った…。
お店の人が番号を呼んでくれます。

e0064860_21202029.jpeg

モッツアレラチーズバーガーのオーダーが
圧倒的に多いですね。
テーブルに運ばれていく様子に思わずひるみつつ…。


e0064860_21203575.jpeg

シャキシャキのレタスに
洪水状態のチーズ、ジューシーなお肉。
少し照り焼き風味のソース。
これは食べ応えがありました。
モッツァレラが固まっちゃうからさっさと食べよう!
久しぶりに照り焼き風味がおいしかったです。

そして駅に向かうとKTXがいっぱい。
二時間後くらいのしかなかったので
気になっていたカフェにタクシーで向かいました。
ここがすっごく素敵で…。

「초당커피정미소」というカフェです。
有名らしく、タクシーの運転手さんもご存知。



e0064860_21144368.jpeg


e0064860_21173938.jpeg

古い平屋を改造したお店みたいです。
薪がたくさん積んでありました。
このお店のあるロケーションがまたよくて…。


e0064860_21215184.jpeg


e0064860_21161924.jpeg

薪ストーブがすごくいいです。
あたたかいしいい香り。


e0064860_21154068.jpeg

地元の人たちに愛されてるカフェみたいで
続々とお客さんがやってきました。
カウンターでオーダーをして
お店の方が持ってきてくれます。


e0064860_21160089.jpeg

ここのカフェは夜も雰囲気がいいけど
きっと昼間も素敵なんじゃないかな。

できればカフェ好きの方には行ってほしい。
場所が場所だけにハードルは高いけど
もしこのあたりに行くことがあればぜひ。


e0064860_21451308.png







[PR]
by atougarashi | 2018-01-29 21:48 | 韓国のカフェ | Comments(2)
とても美しい海岸。

寒さが続いていますが、海に行ってきました。
海…。韓国の海って初めてだ…。

場所は平昌オリンピックのあたりです。
ソウル駅からKTXに乗って「江陵」っていう駅で降ります。
平昌のもう少し先になるのかな。
ここからタクシーで「강문해변(カンムンヘビョン)」へ行きました。
駅前にタクシーはたくさんとまってます。


e0064860_07115380.jpeg

そうそう、KTXから漢江を見たら凍ってました。


e0064860_07121364.jpeg

さてなぜ海に行ったかというと
来月帰国する友達が「ここ行ってみたい」と
インスタを見せてくれたんです。
インスタで「강문해변」と検索すると
写真がたくさん出てきます。
見て納得。行きたい!

ちょっと雪残ってるけど
白い砂浜で貝殻がたくさん落ちてました。

この海岸、美しいのはもちろんなのですが…。


e0064860_07141731.jpeg

海岸に写真スポットがたくさんあるんですよ。


e0064860_07174964.jpeg

e0064860_07135373.jpeg


e0064860_07180527.jpeg


e0064860_07175635.jpeg


e0064860_07181453.jpeg

ダイヤモンド型もあるし

e0064860_07324833.jpeg

e0064860_07322836.jpeg

日が落ちてもきれい。


e0064860_07143339.jpeg

隣の海岸にも行けるのですが
そこもすごくきれいなんです。

海岸沿いにはレストランや可愛いホテルがあって
オリンピックでの観光客を見込んで
あれこれ準備しているなーと感じました。

海沿いの道、整備をしっかりやっているのか
すごくきれいなんです。
日本の海岸ってお店の旗みたいのが
ずらーってなってたりして、あれがすごく残念なんだけど
そういうのがないんです。
すっきりしてるっていうのか…。

旅行でソウルに来て、海に行くって
なかなかないと思うのですが
ちょっと足を伸ばして一泊してもいいと思うし
もちろん日帰りでも楽しめます。

日曜日に友達3人と日帰りで行ってきたのですが
帰りのKTXのチケットは早めに買っておく方が良さそうです。
けっこう混んでいて、席も車両もバラバラになってしまい…。
なので、着いたら買っておくのがいいのかも。

駅はきれいでオリンピックムードがいっぱい。


e0064860_07130836.jpeg

冬の海とはいえ
けっこうたくさんの人が来て
写真を撮ったり散歩したり。
久しぶりに海を見て気持ちがよかったです。

もしオリンピック観戦で平昌に行くのであれば
この海岸にもぜひ足を伸ばしてみてください!



[PR]
by atougarashi | 2018-01-29 07:52 | 韓国の街・韓国内の旅行 | Comments(2)
また行きたい…。

水原といえば、もちろん世界遺産なのですが
カルビもとても有名です。
絶対にカルビ食べよう、って決めてたわりに
行き当たりバッタリでお店を決めるという…。

それが大正解だった!
「보신갈비」さん。
もう一度行きたい。



e0064860_07175416.jpeg

メニューの右側にある
「갈비정식」2人前と「생 갈비정식」を1人前頼みました。


e0064860_07122401.jpeg

バンチャンがたくさん並ぶ。
もうこれだけでもテンション上がりますが
ひとつひとつがおいしいんです。


e0064860_07134349.jpeg

ヤンニョムケジャンまである。
これ、このまま食べるのかと思いきや
焼いて食べたのですが、甘みが増してすごくおいしかった。


e0064860_07182342.jpeg

炭が投入されます。
この炭の写真手前のゴボウみたいで
ゴボウじゃないバンチャンがすごくおいしくて
おかわりしちゃいました。
マコモかなー、とも思うんだけど…。
味付けが絶妙で、できればこの味の作り方を
教えて欲しかったくらいです。


e0064860_07125521.jpeg
お肉どーん。
真ん中はきのこです。


e0064860_07124169.jpeg

アジュンマが焼いてくれるので
ひたすら待つ。
お店の方々も親切です。


e0064860_07130978.jpeg

お肉が柔らかくてジューシーで
すごくおいしい!!
白いごはんが大好きな人は
これでカルビ丼作って食べたいだろうなー。
テンジャンチゲも出てきたのですが
これがまたおいしかった…。

ひとつひとつのお料理の味が
ちゃんと主張していて、かつおいしいと
ごはんが無限に食べられる…。

絶対にまた行きたいお店です。

韓国の地名ってカタカナにすると
わからなくなることがあるので
そのまま載せておきますね。


e0064860_17130682.jpeg


そして夜になって
「광교호수공원(光教湖公園)」へ行きました。
水原駅からタクシーで15分くらいかな。

大きな湖があって、その周りを散歩できるのですが
とにかく寒い。寒かった。
湖もなんか変だな、と思ったら凍ってた…。
でもライトアップがきれいで寒いのにぶらぶらしちゃう。


e0064860_16495043.jpeg

好きな色もありますね。
パールアクアグリーン。
空気がぱきっとしていて、光も鮮やかでした。


e0064860_16495881.jpeg


夏は気持ちがいいんだろうな。
夜もきれいだけど、昼間も来てみたい。

けっこうな長時間ここにいたけど
寒くて痛くてギブアップ。
地下鉄で帰りました。


e0064860_17273985.jpeg

どこらへんかっていうと

e0064860_17342632.jpeg

1日丸ごと遊んで楽しかったです。
もうちょっとあちこち行きたかったので
ソウルにいる間にまた行こうと思います。


[PR]
by atougarashi | 2018-01-26 17:38 | 韓国のごはん | Comments(4)
素敵な街。

この間の日曜日に「수원(水原・スウォン)」へ
行ってきました。
ソウルから約1時間くらいのところにある
世界遺産のある街です。

韓国の時代劇ドラマを見る方には
よく知られた街かもしれません。
「イ・サン」の主人公、イ・サンが
お父さんのお墓を水原に移す時に作ったのが
城壁だそうですね。

水原駅を出てすぐのところに
飴をたくさん積んだトラックがありました。


e0064860_07162213.jpeg

駅前からバスに乗って
いざ、「八達門」へ。

e0064860_16334612.jpeg

この門をスタートとして、城壁がぐるっと
街を囲み、「華城行宮」や博物館や市場があります。


e0064860_07120477.jpeg


賑わう市場。


e0064860_07164164.jpeg

川に大量の洗剤…って思ったら
凍ってた…。この日もすごく寒かったんです。


e0064860_07160000.jpeg


韓国ってアート好きですよね。
建物の壁に絵が描いてあるのをたくさん見かけました。


e0064860_07173245.jpeg
可愛い民芸品のお店が並ぶ通り。


e0064860_07170399.jpeg

どこから見たらいいんだろうって
オロオロしながら…。
「ここ登るの?」って言いながら登る…。

e0064860_07141136.jpeg
途中で振り返ると…。


e0064860_07135414.jpeg


好きな風景です。

e0064860_07133404.jpeg

こんなところを歩いていきます。


e0064860_16200772.jpeg



e0064860_16201558.jpeg


きれいに残っていますよね。
時代劇、熱心に見ていたわけではないのですが
ああ、こんな感じの建物でてきたなーとか感じます。


e0064860_16202793.jpeg

世界文化遺産、って書いてあります。


e0064860_07191993.jpeg
見晴らしが良かったです。


e0064860_07152729.jpeg

全部をまわりきることはできなかったけど
ここはもう一度来たい場所でした。
時間なくて「華城行宮」の中は見れなかった…。



e0064860_07140220.jpeg

初めて行った水原なのですが
不思議なことに初めてって感じがしなくて
とても魅かれる街でした。

城壁、川、市場…好きなものが
つまっていたからなのかな。
歴史に興味のある人はもちろん、そうでもない人でも
街の構造がとても面白いので
ぜひ足をのばして見てください。


[PR]
by atougarashi | 2018-01-26 16:47 | 韓国の街・韓国内の旅行 | Comments(2)
痛い…。

ソウル、とにかく痛いです。
寒いんじゃなくて、痛いです。
今、渡韓される方は本気の防寒でいらして下さい。
家の窓がね、凍るんですよ…。
水道管も凍るし、とにかく凍る…。


e0064860_21261355.jpeg

今日もカフェに行ったら
寒さでコーヒーのマシンが動かなくなり
アイスしかできないって言われて…。
それ、無理…ということがありました。
気温はマイナス16度くらいですが
体感はマイナス23度くらいです。
警報が来るのもわかる…。

痛くても寒くても学校はあるし
ごはんは食べるわけで、一昨日ですが
クラスメイトの台湾と香港の子と参鶏湯を
食べに行ってきました。

あまりにも有名ですが、実は初訪問の「土俗村」です。

梨大からだとバスで行くと早いのですが
もう寒くて痛くて痛くて寒くて…。
幸いバスが早く来てくれたから助かりました!

一緒に行ったふたりは何度か来ているとのこと。
台湾の子は日本語も少しわかるのですが
基本的には韓国語が共通言語になるわけで
わからない時は漢字を見せます。
そして、韓国語、北京語、広東語、日本語で
それをなんていうかを教えあったり。
漢字って便利…って改めて思う瞬間ですね…。

で、参鶏湯の登場です。
3人だけど、量がわりとあるとのことなので2つ頼んで
チヂミを頼みました。

鶏肉の中に入ったもち米、おいしいですねー。
これ大好き。
コクのあるスープが、こんな気温の時はしみますね。


e0064860_21264813.jpeg

このチヂミもおいしい!!


e0064860_21271804.jpeg


年齢も育った場所も違うけど
なんとなく波長が合う。
彼女たちは勉強熱心で、韓国語はもちろんだけど
お互いの育った場所や文化についても熱心に知ろうとします。
似ているようで違う、違うようで似ている。
母国語ではない言葉で会話をする。
不思議なことです。

そうそう、台湾の子が言っていたのですが
日本語の「あげる」「もらう」が混乱するそうです。
どうもこういう表現をしないらしいんですね。
ちなみにここに「さしあげる」「いただく」
「くれる」が入るとさらに混乱するそうです。
なるほど…。

彼女たちと過ごすちょっと不思議で
発見の多い時間はとても楽しいです。


[PR]
by atougarashi | 2018-01-25 22:02 | 韓国のごはん | Comments(0)
ジョンに見せたい。

ソウルは寒波のせいなのか
とても寒い日が続いています。
今朝起きたら、窓の外が凍ってた…。
マイナス16度ってどうすればいいのって感じです。

そんな寒い日ですが、学校が終わってから
ジョンのアルバムを買いに行きました。
考えてみたら韓国のアルバムを発売日に
自分で買いに行くのって初めてでした。

ジョンはこのパッケージされた状態を
見てないような気がしたので、写真に報告。
こっち向きもちょっと珍しいような…。


e0064860_23093770.jpeg

まだ開けてないんですけどね。
今聞いたら期末試験勉強ができなくなるし
いい音で聞ける環境になってないので
少し我慢します。

ところでKBSの放送不適格の件は
とても残念です。
政治的な事情を芸能や文化に持ち込むことは
なんていうかすごく淋しい気がします。
日本語の歌が解禁されてない時代もあったけれど
今はメンバーに日本人や外国人がいて
世界中で活躍するグループもあるし
昔はダメだったんだからその名残があっても
しょうがないじゃん、というのも
なかなか苦しい意見だと思っています。

アメリカのヒラリー・クリントンさんが
敗北宣言をした時に
ガラスの天井を破ることができなかった、という
言葉がありました。
別にヒラリーさんが好きというわけではないのですが
この時のスピーチはとても胸を打つものがあって
特にこの「ガラスの天井」という表現が
状況と心境をとてもよく表しているな、と印象的でした。

そのガラスの天井はどこにでもあるんですね。

世界中のいたるところに
大なり小なり存在していて
誰かがいつも打ち破ろうとしている。
その最前線にいる人たちが活躍することで
それを支える人たちが存在しているということで
いつか打ち破れる日が来るかもしれない。

歌詞ってそう簡単に変えられるものではないし
変えてはいけないと思っています。
だからこそ、その言葉を持ってきた思いを
大事にしてほしいと思う。
そこに政治的な匂いはいらない。

「詩人 アーティスト」というタイトルには
いろんな思いがこめられていると思うけど
たぶんこの名前を持つ人たちは
政治よりも自由を愛したんじゃないかな。

いつかこの「ガラスの天井」がなくなったら
アーティストはもっと自由になれると思うし
文化ってもっともっと鮮やかになると思う。


[PR]
by atougarashi | 2018-01-24 23:44 | ジョンヒョン | Comments(2)

ひとつひとつの世界

少しずつ。

東京は大雪だそうですね。
ソウルも今日は雪が降ったりやんだりです。
でも友達が送ってきてくれた写真を見ると
東京にこれだけ降るのも久しぶりなんじゃ…という
真っ白な風景でびっくりしました。
こちらも今週は気温がすごく下がるようです。

昨日は遠出をして「水原(スウォン)」というところへ
行ってきました。素敵な場所だったので
それはまたゆっくり書こうと思います。
初めて行った場所なのですが
不思議なことにそういう気がしませんでした。
空気が馴染むというのか…。

ジョンのアルバムの写真が出ましたね。
あたたかいオレンジ色に少し安心しました。


e0064860_18050394.jpeg

この中にいくつかの世界があるんですよね。
コンサートで聞いた曲もあります。
ひとつひとつの世界をじっくり聞きたいと思います。
ジョンが連れて行ってくれる世界
どんな感じなんだろな。

ゆっくりでいいから
まだ音源化されていない歌も
アルバムにしてほしいなーって思います。
ジョンの本意でないこともあるだろうから
だしてだしてって言いにくいのですが
せめて何らかの形で公開はしているけれど
盤になっていないものを形にしてほしいな…。

ジョンのことだけではないのですが
最近、表に出る仕事をしている人たちやその家族の
人権というか尊厳というか、そういったものが
ないがしろにされることが多いな、と感じます。
クリエイターにしろパフォーマーにしろ
それを生業としているだけであって
私生活を何でもかんでも暴いたり、嘘記事書いたり
付きまとったりすることが、許されるわけではないのにな…。

こうしていい音楽がまたひとつ
この世界に送り出されることに感謝しながら
大事に聞こうと思います。


[PR]
by atougarashi | 2018-01-22 18:47 | ジョンヒョン | Comments(2)
受け止めたい。

去年のコンサートでも新曲を
たくさん聞かせてくれて
カムバを心待ちにしていましたが
そのアルバムがリリースされますね。

「POET | ARTIST」
ジョンのタトゥーにもあった言葉ですね。
新曲、すごく好きって思った曲があって
それをじっくり聞ける日を楽しみにしていました。
今はこのアルバムをすぐに聞けるか
自信はないのですが
ジョンが生み出した世界を
しっかり受け止めたいと思います。
悲しみに通じてしまうのではなくて
音楽は音楽として、その世界を味わいたいです。

ちょっと関係ない話ですが
大学時代に面白そうだな、って思って
ラテン語の授業を聴講したことがあるのですが
普通、語学の例文って
「私は、あなたは、彼女は、彼は」とかじゃないですか。
でもラテン語の教科書は「詩人は」みたいな例文が
たくさんあって結構びっくりした記憶があります。

どこかロマンティックを感じさせる
詩という表現、韓国は日本よりも
身近なような気がするのですが…。

ジョンは音楽家であり、詩人という側面も
すでに持っていたように思います。
小説も書いていたし、いつか詩集も出すかも、って
楽しみにしていたんだけど…。

ジョンのアルバムは
曲や歌詞や声が素晴らしいのはもちろんですが
音域、呼吸、声の使い方が本当に繊細で
何度聞いても新しい発見があります。
あ、こんな音が鳴ってたんだ、とか
こんなふうに声を使ってたんだ、とか
たくさん発見をしていきたいな、って思います。


e0064860_12413351.jpeg


音楽ってとても素敵な力を持っていると思います。
みんなそれぞれ好きな歌手やグループが違っても
そこからたくさんの楽しみや喜びや
いろんなものを受け取り、共有していると思うんです。
素敵な世界を生み出すアーティストって
人の悲しみや喜びにちょっと敏感な心を
持っているんだと思います。

そんな心がとらえた世界を通して
心の痛み、なぐさめ、知らなかった風景を
知ることもあると思います。

ちゃんと心をひらいて聞きたいです。

[PR]
by atougarashi | 2018-01-20 21:08 | ジョンヒョン | Comments(0)

今の気持ち

1ヶ月。

過ぎた日にちを数えることに
意味はないとわかっているけれど
やっぱり思ってしまう。
1ヶ月か、って。
遅いとか早いとかじゃなくて
ああ、1ヶ月かって。

この1ヶ月の時間の中で
ずっと泣いてたかっていうとそうじゃなくて
笑ったり、笑わせてもらったり
勉強のことでへこんだり、日常のことで
どうしたらいいんだろうってなって慌てたり。
たぶんみんなそうだと思うけど
消え去らない気持ちの上に、日常が重なっていって
日常が片付いていくほどに、またその喪失感が
顔を出してくるんじゃないかって思う。

一番嫌なのは、昨日もそうだったけど
「今度のドーム、ジョン泣くだろなー」って普通に思って
「あ…」ってなる瞬間。
こういう瞬間にものすごく落とされる感じがする。

日常ってすごい力を持っていて
たくさんの「やらないといけないこと」が
自分を疲れさせもするし、救ってもくれていて
今はゴミ出しや洗濯ですら、ありがたいと思う。

どんな些細なことも、大きなことも
やるべきことをしないっていうことを
ジョンのせいにしたくないって思う。
みっともない自分になりたくないって思って
この1ヶ月を過ごしてきた気がする。
細い細い気持ちかもしれないけれど
今の自分を支えているのは、その気持ちだけかもしれない。

こうやっていくしかないんだよね。


[PR]
by atougarashi | 2018-01-18 21:57 | ジョンヒョン | Comments(6)

ぺちこです。SHINeeが大好きすぎるほど大好きで、ジョンペンです!pechikosec@yahoo.co.jp


by ぺちこ