カテゴリ:韓国留学、梨花女子大言語教育院のこと( 37 )

まずリサーチ。

留学を決めたら、学校も大事だけれど
住むところも大事ですよね。

・寄宿舎
・ハスク(下宿)、シェアルーム
・コシウォン
・オフィステル
・ワンルーム


ざっくり分けてこんな感じでしょうか。
語学堂の場合、寄宿舎(一人部屋/二人部屋)があって
学校にも近いので一番便利かもしれません。

ハスク(下宿)は食事付き、シェアルームは食事はないのかな…。
わたしの友達はシェアルームに住んでいましたが
友達を泊める場合は30,000ウォンだったか、お金がかかると言っていました。
ハスクにしろシェアルームにしろ共同生活なので
心強い面とちょっと厄介な面があるかもしれません。

コシウォンは部屋にもよりますが
狭い空間に机とベッドとトイレ・シャワーが凝縮されていて
窓がなかったりします。長期だと少しきついかも…。

オフィステルはワンルームみたいな部屋で
家具が付いていることが多いです。
セキュリティなどもしっかりしているところが多くて
イメージとしては、「女性の一人暮らし」が一番選ぶタイプかな。
若干家賃や管理費が高くなります。

ワンルームはもうちょっと古い物件が多いようで
家具などは付いているところと
そうでないところがあります。

わたしはオフィステルかワンルームと決めていました。
ドラマとかではなく、現実の韓国の学生や社会人が
どんな家に住んでいるのか、とても興味があって
あれこれ調べていました。

そんな時知ったアプリがこのふたつ。
「다방(タバン)」と「 직방(チッパン)」です。
わたしはよく「직방」を見ていたのですが
ただ見てるだけでも結構面白いんですよ!
お家とか興味ある方は是非ダウンロードしてみてください。


e0064860_09171344.jpeg

あと韓国のインテリアとか部屋に興味がある方は
インスタグラムで「today house」「oneroom.make」を
検索すると面白いと思います。
参考になることも多いですよ。


まず、韓国の場合、入居は結構ギリギリになります。
わたしは実際に韓国に行く二週間前くらいに
家の見学と契約をしに渡韓しました。
実物を見ないで、写真で契約する人もいますが
わたしはちょっと心配だったので…。

契約の仕方ですが、留学エージェントなどを通して
契約することが可能です。
わたしは日本語可能の不動産屋さんに連絡をしたり
いくつかのエージェントに問い合わせをしましたが
日本で通っていた韓国語学校に紹介してもらった
現地エージェントに依頼しました。

オフィステルやワンルームの場合
それなりのお金が必要になります。
保証金と家賃が必要です。
保証金は解約する時にまとめてかえってきます。

チェックポイント
・保証金と家賃
・場所(学校や駅からの距離、セキュリティ、環境)
・部屋の広さ
・部屋に何がついてるか(だいたい冷蔵庫と洗濯機はあります)

だいたいこのくらいのことを決めておいて
家探しをするのがいいと思います。
わたしはとにかく「窓」でした。
大きな窓がないと、絶対ストレス溜まるだろうと思っていました。

ちなみにワンルームにしろ下宿にしろ
お風呂に浴槽はないです!シャワーです。
浴槽ないと無理〜!って言ってる人もいますが
そういう家を探すとなると大変だし、ファミリータイプになるのでは…。
実際、シャワーだけの生活も慣れます…。

条件をエージェントに伝えて
ピックアップしてもらった家、3軒を見学しました。

一軒めはまだ建設工事中の新築でした。
とてもきれいだったけど、一階に店舗ふたつ入るとか。
店舗によってはうるさくなるだろうし、ちょっと悩みました。
それに引っ越しの日も工事をやっていることは明らかで
ちょっとそれはなー…と。
っていうかそんな状態でもできたところから入居できるのか、と
びっくりしました…。

二軒めに見たのが今の家でした。
大きな窓もあるし、学校にも近いし
「あ、ここだ」と思って決めました。
アパート見学の時に、梨大のペディンを着た学生がいたことも
安心につながりました。

三軒めの家はちょっと暗くて違うな、と。

思った以上にあっさり家が決まって拍子抜けしましたが
実際に住んでみて、こんなに住み心地がいいとは
その時はまだわかりませんでした…。

不動産屋さんも親切だし
大家さんご夫婦は別のところに住んでいて
なんかこうあっさりした感じの方でした。
外国人のわたしに家を貸すことに対しても
特に何もなくて、むしろいろいろ気遣ってくださいました。

韓国に来てから決める、という人も
わりといらっしゃるようです。
韓国語に堪能な友達がいるとかなら安心ですが
少しでも不安や気が重いと感じるのであれば
前もって日本語可能な不動産屋さんや
留学エージェントにお願いするのが安心だと思います。

留学の手続きなどの話をしていると
全部自分でやったよって言う人も、エージェントに任せる人もいます。
わたしは留学する時点で、本当に全然喋らなかったから
自分で手続きした人ってすごいなーって思います。
でも時々、「自分でやれないの?」的なことを言われて
嫌な気分になる人もいるようです。
わたしはいろんな人に聞いたり、頼ったりすることは
全然悪いことなんかじゃないと思います。

実際に今だって、勉強や生活の面で
在韓の日本人や留学終えて帰国してる友達や
韓国人の友達に助けてもらうことばかりです。

何かしてもらったら、今度は自分が誰かが困っている時
助けてあげればいい、それだけです。

ただエージェントなどに依頼する場合は
本当に信頼できるところかを調べることも大事だと思います。


by atougarashi | 2018-12-03 20:36 | 韓国留学、梨花女子大言語教育院のこと | Comments(0)
旅行のついでに。

ちょっと前の記事で、どうして梨大の
語学堂を選んだかなどを書きましたが
実際に語学堂の教科書ってどんな感じかを
ご紹介したいと思います。

【教科書を購入できる場所】
語学堂の教科書は大学内にある書店で誰でも購入できます。
梨大は授業の始まる前日くらいに、学校内に販売所ができて
少し安く購入することができました。

教保文庫(本店にはありました)購入することも可能です。
新村駅近くの「ハングルパーク」という書店では
ほぼ全部の語学堂の教科書があるので
そこで見比べてみるのもいいと思います。
ここも割引があったはず…。

他の学校の本を見るのも面白いです。
わたしは西江の文法の教科書をすすめられて買いました。
小さくて持ち運びやすいし、わかりやすいです。

日本の語学学校でも語学堂の教科書を
使っているところはあると思います。
わたしが通っていた語学学校では
延世や西江の教科書を使っていました。
わたしは延世の教科書を使っていましたが
今考えても延世って難しかったなーと思います。

【梨花大の教科書】
わたしは2級からだったので
2級から5級までの教科書を持っています。

特徴としては、会話も文法も軸は変わらずに
グレードが上がっていく感じ…。
例えば、挨拶の課があるとしたら
それが
「単なる自己紹介→具体的な自己紹介→
韓国に来て何年?最初の頃と今ではどう?的な紹介」みたいに
級があがるにつれ、内容が膨らんでいくような気がしました。


2級〜3級
教科書は2冊あります。
2-1が中間試験の範囲、2-2が期末試験の範囲。
結構なボリュームですよね…。

参考書は、英語版、日本語版、中国語版があります。
これ考えてみたら英語や中国語も勉強したい人は
あえて日本語以外を買うのもいいかも…。
参考書購入は強制ではないですが、あると何かと便利。

ワークブックは宿題提出用です。
友達はこれを2冊買って、1冊は宿題用にして
2冊めを試験前の勉強用に使ってました。凄い。


e0064860_10320110.jpeg

e0064860_10321084.jpeg

4級
教科書は1冊に!一気に気分的には楽になります。
だいたい、1〜5課までが中間試験、6〜10課が期末試験です。
右の地味な本も試験範囲になりますが
試験には읽기だけが出たような…。


e0064860_10321852.jpeg

5級
4級と変わらず、教科書は1冊。
읽기用のプリントがありました。


e0064860_10322759.jpeg


ちょっと中身も…。
構成は全級通して基本的にはこんな感じです。
汚い字でたぶん間違いもたくさんある書き込みなので
そこは見逃して…。

まず、文法があって、듣기(聞き取り)があります。


e0064860_11110122.jpeg


そして말하기(会話)があります。
これは隣の子とコンビでやるのですが、中身をちょっと変えて練習して
発表するというスタイルでした。



e0064860_11110881.jpeg

わたしが好きな「읽기(読み)」です。
これはちゃんと単語とか予習しておいたほうがいいです。
内容に興味ないとしんどいんですよねー…。


e0064860_11111581.jpeg

そしてもっと大好きな 쓰기(作文)です。
これは宿題でやります。
写真にあるのは「チェジュ島の方言」というテーマ。
宿題では自分の国の「方言」について書きました。
わたしは東京なので方言というのが馴染みがなく
大阪の友達にLINEであれこれ聞きながら書きました。
そのおかげで先生に「面白かった!」と言ってもらえて嬉しかったです。



e0064860_11113186.jpeg

そして討議です。
討議は4級にもありますが、主題に対して
自分の意見を考えておく必要があります。討論よりは楽…。
これは「望ましい会話法」について。
会話をする時にどう言う点に気をつけたらいい?みたいなことですね。



e0064860_11113948.jpeg

そして討論も。
これは「外見と幸福の関係」について。
主題に対して、賛成と反対に分かれて討論をします。
これ、人数の偏りが出やすいので、賛成でも反対チームに回されることも。



e0064860_11235812.jpeg

語彙とことわざも。
語彙はひとつの単語でもいろんな意味があるものを取り上げ
それについての学習です。日本語にもありますよね。
例えば「くばる」なら「気をくばる、書類をくばる」みたいな。

ことわざは日本のことわざと同じものもあります。
ただ、表現が違うものもあれば、同じものもあり…。



e0064860_11114713.jpeg

そしてこれが
2〜5級までに使ったプリントのファイルです。
一課につき、4〜6ページくらいのプリントが出ます。
これは主に授業中に使います。
そして一課終わるごとに単語テストがあります。

5級では韓国人にアンケート調査する授業もあって
そのプリントも…。思い出いっぱい。捨てられないよ…。


e0064860_10323651.jpeg

そうそう、これ教科書と関係ない話ですが
2級の時に先生が「ハンドアウト、忘れないで持ってきてね」って。

は、はんどあうと??

ってなったんですが
handout、配布用印刷物のことなんですね。
日本だと「プリント」って言いますよね?言いませんか?
でも考えてみたら、プリント、って違うよな、と。
韓国では「ハンドアウト」です。

学校によって、習う文法の順番など差はあるものの
大きな違いはないと思います。
留学を考えてる方は、一度教科書を見てみるのも
より具体的になっていいと思います。
実際、生活していて「あの文法!」ってなることは多くて
語学堂の教科書は韓国生活をかなり助けてくれます。

日本で語学堂の教科書を使うと
いまいち使いようがない感じもあると思うのですが
ドラマとか映画が好きな方はけっこう参考になると思います。

梨大の教科書はバランスが良くて
わたしは勉強しやすいと思いました。



by atougarashi | 2018-12-02 11:39 | 韓国留学、梨花女子大言語教育院のこと | Comments(0)
いろいろ調べました。

語学堂生活も終わったので
少しずつ語学堂留学のことも書いていこうと思います。
語学堂への留学を考えている方の参考に
少しでもなれば嬉しいです。

まず簡単に語学堂って?ってことで…。

【語学堂って?】
韓国の大学に設置された語学学校を
「어학당(オハクタン・語学堂)」って言います。
もともとは大学(学部ですね)に外国人が入学する前に
語学習得のため作られた機関のようですね。
大学・大学院入学希望者でなくても語学堂で学ぶことができます。
1級から始まって6級まであります。

一学期は3ヶ月で、中間試験と期末試験があります。
進級するためには、試験の結果、出席、宿題の提出具合などが問われます。
梨大の場合、試験は二日間で行われます。
「말하기(会話)、 듣기(聞き取り)」
「어휘(語彙)、 읽기(読み) 、쓰기(作文)」の組み合わせでした。
それぞれの中間期末の合計点が60点以上でないとダメです。
例えば、会話が中間期末合計で90点でも
語彙が中間期末合計が58点だと落第ってなります。


【どうやって入学するの?】
入学前に級を振り分ける試験があります。
梨大はネットで受験した後(わたしこれ全然解けなかったよ…)
開講式のちょっと前だったかな、面接がありました。
この段階で韓国語が全くわからない状態でも1級への入学は可能です。

語学堂に来る人って、いろんな背景の人がいて
旦那さんの転勤で韓国に来たことがきっかけで
入学する人もいたりします。
事前にがっつり勉強してくる人ばかりではないんです。
わたしもTOPIK受けたりしてましたが
留学する前のTOPIKの級はやっと2級になれた、ってレベルで
そこまでがっつり勉強したかっていうと…うーん…。
周りの人より勉強してない方でしたね…。


前置きがちょっと長くなりましたが
わたしが梨大に決めた理由など少しお話しようと思います。
留学前に語学堂に通っている人の話を知りたくて
ブログとか見たんですけれど、わたしが知りたかったことは
あんまりよくわかりませんでした。
なので、わたしが知りたかったことなど含めて
書いていこうと思います。

わたしが語学堂どこにしよう、と思った時
自分がどういう勉強をしたいのか考えました。
とにかく会話重視なのか、読み書きも重視したいのか。
わたしは「読み、書き、会話」のバランスがいいところが良くて
韓国語の本を読む、文をスラスラ書く、というのに憧れがありました。
日本で通っていた語学学校、留学説明会、実際留学していた人の話を聞いて
いくつかに絞っていきました。

よく日本人が多いところはヤダ、という話を聞きますが
それあんまり関係ないと思います、実際のところ。
そもそも日本人がいない環境はあんまりないような気がします。
特に1〜3級あたりは多いかもしれないです。
ソウル大の語学堂とかなら少なそうですが…。
同じクラスにいたとしても、日本語で話さなければいいだけだし
勉強しに来てる気持ちは同じなので…。
それに心強い部分もあるんですよ。
わたしは学校決める時に、この条件はどうでもよかったです。

コンサートなどで渡韓した時に、気になっていた語学堂に実際行って
そこで日本人の留学生を見つけて直接話を聞いたりもしました。
実際見に行ったのは、延世、梨大、漢陽です。

もし語学堂に直接足を運ぶのであれば
学校の敷地内をウロウロしてみるといいと思います。
雰囲気もわかるし、だいたい大学内に書店があるので
そこで教科書を実際に見てみるといいです。(購入できます)

わたしが梨大にした決め手は、梨大の語学堂(正式には言語教育院)卒業生の
話を聞かせてもらったことでした。
わたしが求めていたバランスの良さがあるし
先生がとても良かった、と。
ただ宿題は多い、という話も伺っていました。

こうして学校を決めて
日本で通っていた語学学校を通して手続きをしました。

学校ごとの特徴を調べて、可能であれば
通っていた、通っている、という人の話を
聞いてみることが一番いいと思います。
梨大のことなら、わたしでよければお話いたしますよ!

語学堂は大学敷地内のちょっと外れにあることが
多いような気がします。
特に延世は正門からまともに行くとピクニックです…。
あそこは本当に広い。

梨大は正門から歩いて7分くらい?
語学堂はちょっと端っこにあります。


e0064860_22530341.jpeg

どこの学校に行っても自分次第ではありますが
実際に足を運んだり、話を聞くことで
発見することも多いと思います。
特にお子さんが留学する場合、ご両親は不安も多いと思います。
一度足を運ばれるとその不安も少なくなるし
不透明だった部分がちょっとはっきりしてくると思います。

わたしは梨大にして本当によかったなーと思っています。

by atougarashi | 2018-11-23 11:34 | 韓国留学、梨花女子大言語教育院のこと | Comments(2)
感慨深い。

今日は語学堂の修了式でした。
前半授業もあり、単語テストもあり
その後はみんなでお菓子食べながら
今学期の感想をおしゃべりした後、修了式です。

わたしは去年の冬学期から語学堂に入りました。
2級からのスタートだったけれども
開講式で学院長が話してることは
正直言ってさっぱりわからなかったです。
「たぶんこんな事言ってるんだろうな」っていう程度。
でも今日の修了式での学院長のお話はちゃんと理解ができて
ああ、ちょっとは成長したんだなーと。
ま、そりゃ5級までどうにかよじ登ってきたわけだし
当たり前なんだけど、0が0じゃなくなった実感って
じんわりくるものがあります。

今日みんなで話していて、やっぱりね、と思ったのが
「3級はしんどい」ということ。
5級もけっこうなものでしたが、3級は山だと思います。
これ、別の語学堂の人も言ってました。
量の問題なんですけどね…。
あれを超えて迎えた4級の軽やかさよ…。
そしてまた5級で別の困難があるという…。

修了書もいただきました。
わたし、1年の学校生活の中で欠席は1回だけ。
無遅刻でした。病気もせずにこれたこともよかった。


e0064860_17414425.jpeg

修了式では学校からソンムルがあります。
今学期はノート。これでもっと勉強せい!っていう…。



e0064860_17413292.jpeg

今日は5級でお世話になった先生に手紙を渡しました。
そして、3、4級とお世話になった先生にも。

この先生、ちょっと怖かったんです。
見た感じもクールな美しさのある先生で。
だけど生徒のことをよく見てくださっていて
わたしのこともずいぶん気にかけてくれました。
たまたま帰り道が一緒になってお話した時に
あ、そんな風に見てくださっていたのか、と
とても嬉しくなったことがありました。
今日手紙を渡しに行った時、なんだか淋しくなって
思わず泣いてしまった。

生徒のことを気にかけてくださる先生が
本当に多かったな、と改めて思います。
語学堂の先生って外国人を相手にするわけだから
本当に気苦労も多いと思うんです。
言葉教えるだけじゃないんですよね…。

苦しいことも楽しいこともたくさんあって
いろんな国の友達もできて
語学以外の学びも多い学校生活でした。

頑張れた!


by atougarashi | 2018-11-22 18:24 | 韓国留学、梨花女子大言語教育院のこと | Comments(0)

5級の期末テストのこと

わたしには難しかった…。

明日で秋学期も終わりです。
今学期は3級の時とは違う大変さがありました…。

期末テストですが今回は듣기(聞き取り)が難しかった…。
まわりにもそう言ってる人がいたので
多分難しかったんだと思います。

쓰기(作文)はいつものように課題が二つでます。
ひとつはちょっと予想していたのですが映画批評文。
でも授業で見た映画ではなくて、自分が今まで見た映画のことを
社会的背景含めて書く、というもの。
これ、映画を見ない人にとっては絶望的な課題ですよね…。
架空の映画作っちゃったって人もいました。

もうひとつは教科書にある
化粧品や購入したものについての感想文。
感想文というよりも、アットコスメとかアマゾンとかに書くような感じです。
購入した理由、使用感、長短所など。
注意すべき点は文体。「합니다/입니다」で書くこと。

말하기(スピーキング)もいつものように
5枚ある問題用紙から一枚を選びます。
そこには問題が三つ書かれていて
先生との会話のほか、自分で話すものが二つでます。
会話は教科書にある会話文が出ますが
内容が少し変わって出題されます。

わたしが引いた問題用紙には
自分で話すものは「芸能人の私生活は保護されるべきか」と
「自分の国を象徴するもの」が出ました。

わたしは先生との会話がボロボロでした…。
会話の着地点がどこよ、って感じになりました。
先生がうまく誘導してくれて着地。
自分で話す課題は、授業や宿題でまとめていたし
好きなテーマだったからよかったけど…。

읽기(読み)は教科書やプリントをちゃんと読んでおけば
大丈夫なんじゃないかな…と。

어휘(語彙)は小さなミスをたくさんしていて…。
わたしどうしてもやっちゃうんですよ。
スペルの書き間違い。 쓰기もそれが多い。
自分で見直してるつもりなんだけど…。
すごくもったいないって自分でも反省です。

そして듣기…。
正直言って普段聞いているラジオとかのほうが
よっぽどわかりやすい…。
問題を聞きながら、問題用紙にある選択すべき回答の文も
把握するっていうのは訓練するしかないですね。
今回は特に単語が難しかった気がします。
やっぱりTOPIKの勉強も同時にしたほうがいい。
わたしには余力がなかった…。

5級って、大学や大学院に進む人も多いです。
もともと語学堂ってそういう人のためにあるので
4級くらいから授業の形式が
そのための準備みたいな感じがありました。
発表や討論はそのためにあるんですよね…。

というわけで、どうにか終わった5級の期末…。
でも明日は単語テスト。
修了式の日なのになんでだ…。


by atougarashi | 2018-11-21 18:31 | 韓国留学、梨花女子大言語教育院のこと | Comments(2)
面白かった!

昨日、期末試験が終わりました。
授業はまだ続きますが、とりあえずは一段落で
今日の授業はゆるい感じでした。
今までのクラスだと、期末終了後はぱったりと来ない生徒が
わりといたのですが、今回は二人くらいしか休まず…。

で、忘れちゃう前に5級の授業のことも
少し書いておこうかなと…。

4級にもありましたが、5級でも映画鑑賞の授業があります。
と言っても映画館ではなくて、クラスで見るのですが
ただ楽しむわけじゃなくて、見終わった後に
映画批評文を書く、という쓰기の授業のための映画です。

見た映画は「댄싱퀸(ダンシングクイーン)」という映画。


e0064860_17045134.jpeg

数年前の作品ですが、見たいと思っていた映画です。
主演は、ジョンペンにはピンとくると思うのですが
オム・ジョンファさんです。コラボしてましたね。

この批評文を書く쓰기は感想文ではダメなんです。
映画のあらすじは簡単にまとめて
物語の背景にはどんな社会的風潮があったか
監督が何を言いたかったのか、などを
セリフや場面から読み解いたことを書くわけです。

それと同時にこの映画がおそらく
5級レベルが聞き取って理解できるレベル、という
物差しにもなっているんだろうな、と。
わたし、一語一句をきちんと理解はできてないな…。

とはいえ、物語は面白いし、役者さんはみんな上手だし
韓国語の勉強をしている人にもいいと思います。
オム・ジョンファさんって綺麗ですよね。

いいセリフがあって
「하고 싶은 것 하면서 살아야지」
したことをしながら生きなくちゃ

わたしもそう思う。
この言葉の後に「でもさ」って言う人と
「そのためには」って言う人とでは
きっと真逆の人生なんだろうな。

展開に予測はつきやすい話なんだけれど
見終わった後に明るい気持ちが残る映画でした。



by atougarashi | 2018-11-20 17:39 | 韓国留学、梨花女子大言語教育院のこと | Comments(0)
恐ろしい…。

韓国の秋はどこに行ったんだろう…というくらい
朝晩の冷え込みが冬っぽくなってきました。
ダウン着用の姿も多く見かけるし
教室は暖房が入るようになりました。

でも今が一番美しい季節かもしれません。


e0064860_15364808.jpeg

ところで、今日はクラスメイトにかわいそうなことが…。
いつもは早く来る友達がなかなか来なくて
連絡も取れないまま授業が始まりました。
真面目な子だから先生も変ね、変ね、って。
ようやく来てどうしたのか尋ねたら
携帯をなくしてしまったそう。

携帯をなくすってそれだけで一大事だけど
その中には今度一緒に発表する内容や
授業に関するメモなども…。
傍目にも、ものすごく動揺しているのがわかって
先生もあちこちに電話してくださいました。

携帯ひとつあればだいたいのことはできるし
特に携帯社会の韓国は、勉強のやり取りもカトク中心。
書類や写真を簡単に共有できますしね…。
ちいさな機械にあらゆる情報を入れて
簡単に持ち運べることは素晴らしいけれど
こういうことがあると恐ろしい。

わたしも最近は携帯に頼りっきりなので
大事な情報は携帯だけでなく保管しないと…と
改めて思いました。
とりあえず授業で使うものはUSBメモリにも保管。

携帯をなくしたことはないけれど
トイレに水没はあるんですよね…。

友達の携帯、見つかるといいな…。


by atougarashi | 2018-10-31 20:14 | 韓国留学、梨花女子大言語教育院のこと | Comments(0)
とりあえずホッとした。

昨日、今日は中間テストでした。
ここにきてめちゃくちゃ勉強テンションが落ちていて
あんまりよくできなかったです。

5級って授業のために調べておくことが多くて
それはそれで面白いし発見もあるのですが
何事も飲み込むまでに時間がかかるわたしは
けっこう苦労しています。
宿題もあるし、準備もあるし、って
身動きとれない感じになることもしばしば…。

語学堂に興味のある人もいるかもしれないので
簡単に5級のことを…。

今までと違うのは討論の授業があることです。
例えば「動物のクローンを作ること」がテーマだと
反対と賛成に分かれて、その根拠と意見をを述べて
討論をするのですが、そもそも「クローン」について
ちゃんと調べないと討論にならないわけです。
相手の意見に「それはどうなの?」って反論もするのですが
わたしはこの「反論」がどうも苦手。

内容も簡単に調べればいいんだろうけれど
その加減がわからなくて、ぐいぐい調べちゃうんですよ。
それをまとめて、自分の意見も入れて…って
わたしはとても時間がかかってしまう。
この間なんて「善きサマリア人法」について。
日本語で討論するとしても難しい問題です。
語学の学校なんだから、主役は言語なわけで
テーマは素材にしかすぎないのもわかってるんですけど
ちゃんと調べないと気持ちが悪いんですよね…。

そんなわけでなんとなく「しんどい感」満載ですが
中間テストは終わりました。

試験のメインイベントは
말하기(スピーキング)と쓰기(作文)じゃないかな。
このふたつはけっこうストレスのウェイトが大きいです。

쓰기(作文)はいつも問題がふたつあります。
今回は、国宝の展示会を紹介する「広報文」と
「健康な生活をするための秘訣」を
自分の経験を踏まえて「演説文」として書く、というものでした。
何の文を書くかで書き方が変わります。
広報文は「이다,하다」で演説文は「합니다」で書きます。
広報文は失敗したなー…。

말하기(スピーキング)の試験は先生と一対一で行います。
この順番を決めるためにくじ引きをします。

わたし、いいんだか悪いんだか
また「1番」だったんですよ…。確か3級だか2級だかでも
1番引いちゃったんですよね…。だいたい1番か最後から2番目なんですよ…。
しかも今回は自分で引いたんじゃなく、引く順番が最後で
これしかなかったという…。
だいたい「1番」引くと「あちゃー」みたいなリアクションがありますが
どうりでなかったわけですよ…。


e0064860_18505687.jpeg

1番のいいところは、早く帰ることができることと
「何が出た?」みたいに戦々恐々とする必要がないことです。

말하기はまず問題の用紙が5種類あって
それのどれかを引きます。これもくじ引き。
そこには「先生との会話」のお題がひとつと
「自分の意見を述べる」お題がふたつ書いてあります。

わたしが引いた問題用紙には
「シングル族が増えた理由について」を先生と会話
「動物のクローンについて、賛成か反対か。その理由」
「現代人がかかりやすい病気、その理由と解決方法について」でした。

緊張するんですよね…、この会話の試験って。
どっと疲れます。

ひとまず試験が終わると、だいたい先生が
「何か困っていることはある?授業はどう?」と聞いてくださいます。
わたしは討論が大変という話をしました。
調べることも考えることも好きだし面白いけれど
自分の考えをまとめるのに時間がかかるから
討論で反論したりする時、言葉が出てこない、と。

先生がおっしゃるには、日本人にその傾向が多いそうです。
失敗しちゃいけない、みたいに思ってる人も多い、と。
教育のスタイルの違いだから、って慰められてしまった…。
でも先生が「いつも本当によく調べてくるし、よく書けてる」と。
少し報われた感じ。ゆえに今回の쓰기の惨敗っぷりが情けない…。


今の日本の学校がどうかわからないけれど
わたしは完全に受け身スタイルの授業しか受けてこなかった。
日本人の勤勉性はここで養われるのだろうと思います。
でもこれからはこのスタイルだけではダメなんだろうなと。
先生が生徒に意見を求めるのも違う。
学生同士で意見を言い合うスタイルに慣れないと
なんかもうダメなんだろうな、と。
先生は生徒同士の意見を引き出すことと
行き過ぎた時に笛を吹くことが重要なんだと思います。

授業の時に、空気を読もうとしている自分に
時々気づかされます。それじゃダメなんだよなー…。
だって他の国の人見てると、空気なんて読んでないもん。
空気は吸うもんでしょって感じだもん…。

教室にいる時が一番「異国感」があって
街に出るとホッとするよ…。

なんて、ちょっと愚痴っぽくなりましたが
試験終わったので、大好きなこれ買いました。

チョコパイはいろいろあるけれど
わたしはこのシリーズが一番おいしいと思う。
これ大好き。しかも「生クリームアップ!」だって。
ほんとかー?


e0064860_19020482.jpeg


試験は終わったけど、また発表の準備が始まります。
今度はなんだっけな、経済と消費みたいなやつだったような…。
面白そうな記事を見つけて、いい発表資料を作りたいな。


by atougarashi | 2018-10-18 20:17 | 韓国留学、梨花女子大言語教育院のこと | Comments(0)
難しい…。

語学堂にいると、先生を通して
いろんな調査の協力をお願いされることがあります。

だいたいは日本語を研究している大学院生が
行っていることが多いようです。
わたしも以前、韓国語学習において
間違えやすい文法や表現についての調査に
参加したことがあります。
そして今回は観光地をどう表現するか、という
調査に参加してきました。

韓国が好きで何度も渡韓している人は
地名とかけっこうわかると思うので
「カロスキル」はどういうところ、とか
「カロスキル=街路樹通り」というのも
わかると思うのですが、そうでない人にとって
「カロスキル」と表記するのがいいのか
「街路樹通り」がいいのか…というような調査です。

あとよく出てくる「マウル」
このマウルって日本語であえて言うと「村」
「マウルバス」っていう普通のバスより
ちょっとせまい範囲を走るバス(ハチ公バスみたいなやつ)があって
これを仮に「村バス」って表記したら
なんかよくわからなくなる…。

「韓服」の表記も「ハンボク」がいいのか
漢字表記がいいのかという話がありました。
日本人は「チマチョゴリ」とか「かんふく」と
呼ぶ人が多いけれど「한복=ハンボッ」と呼ぶのが普通です。
なんでチマチョゴリなんて呼び方になったんだろう。
韓服の上着を「チョゴリ」スカートを「チマ」と言いますが
上着スカートって言ってるわけですよね…。
表記で言うなら「韓服」がわかりやすいのかな。

こういう調査、すごく面白い。

わたしのまわりの韓国好きの人たちは
「ミョンダン」とか「サノク」とか
ちょっと偏った言葉を多く知ってる人が多いけど
これをいきなり「リスト」「事録」みたいな言い方にしたら
音だけで理解しようとすると
一瞬「はい?」ってなるかもしれない…。
いちいち訳さなくていい表現もあるなー…。

今日はその調査のお礼もいただいて
何だろうとあけてみたら
スタバのちょっと大きめのタンブラーでした!


e0064860_17004987.jpeg

嬉しい!タンブラー持ってきてるんですけど
お湯を保温しておく用に欲しかったんです。
冬の韓国旅行にはタンブラーあるといいですよ。
特に屋外で並ぶような時には。

あと留学する人にも。
本当に便利なんですよ、夏も冬も。
調査も楽しかった上に素敵なタンブラーまで!
嬉しいです。


by atougarashi | 2018-10-08 17:50 | 韓国留学、梨花女子大言語教育院のこと | Comments(0)
素晴らしかった。

今日はいつもの授業ではなく
文化授業と呼ばれる、学期中に一度ある
外へ出て文化を学ぶ授業の日でした。
今回は「창덕궁(昌徳宮・チャンドックン)」へ行きました。

韓国の五大王宮で一番有名なのは「景福宮」かもしれませんが
昌徳宮はその隣、安国駅近くにあります。
実はわたしも近くまでは行くものの
中に入ったのは今回が初めてでした。
でも入ってみて後悔…。なんでもっと早く来なかったんだー!!

ここは景福宮に対して離宮として建てられました。
王の即位の礼、外交などにも使われていたそうです。
現在は世界遺産として保護されています。
この「돈화문(敦化門 トンファムン)」は
宮殿に現存している最古の門です。
1609年に再建されているそうです。



e0064860_18474795.jpeg


e0064860_20135400.jpeg
e0064860_20113797.jpeg

敷地内はけっこう広くて急な坂道や階段など
軽いハイキングみたいな感じです。
こんな道も。

e0064860_20122070.jpeg


e0064860_18500493.jpeg

華やかな色彩はもちろんなのですが
どこか静かな佇まい。
侘び寂び、という空気があるような気がしました。
宮殿は自然との調和を考えて建てられたようで
ソウルの街中とは思えないほど
木々が溢れていて、数週間後には見事な紅葉になると思います。

中でもわたしが一番好きだと思ったのは
「주합루(宙合楼・チュハムヌ)」と呼ばれる建物。
書籍の収集、学問の研究機関として使われていたそうです。
わりと高いところに建っているので「宙」の字が使われているのも
そのせいなのかな…と思いました。どうなんだろう。
手前には池があり、蓮がたくさん茂っていて
本当に美しい建物でした。


e0064860_18494385.jpeg

e0064860_20203805.jpeg

昌徳宮は庭園が素晴らしいのですが
庭園というより、森の中にある宮殿という感じです。
池に扇型に張り出したあずま屋。
冬の雪が積もった日も美しいだろうな…。



e0064860_20115315.jpeg

広大な敷地内にはこれら以外にも
見るべき建造物がたくさんあります。
どこか現世と切り離されたような感覚になる
不思議な空間です。
景福宮も確かに美しいのだけれど
わたしはこの昌徳宮の持つ不思議な佇まいに
ものすごく惹かれました。

もし韓国にパワースポットがあるとしたら
ここなんじゃないかな…。
忙しい毎日を送る人や心が疲れた人には
かなりの浄化作用があるような気がしました。

文化授業で来ることができてよかったです。


by atougarashi | 2018-10-04 20:53 | 韓国留学、梨花女子大言語教育院のこと | Comments(0)

ぺちこです。SHINeeが大好きすぎるほど大好きで、ジョンペンです!韓国に留学中。pechikosec@yahoo.co.jp


by ぺちこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31