カテゴリ:韓国語、語学堂のこと( 22 )

家にこもっている。

昨日と今日は家にこもって
ラジオを聴きながら宿題をしたり…と
チュソクの連休をだらだら過ごしています。
昨日、ラジオから聞き覚えのあるメロディが聞こえて
なんだっけ、と思ったら映画「菊次郎の夏」のテーマソングでした。
韓国で聞くとまた新鮮な感じです。

こうしてみると日本は連休多いんだな…と思います。
休めるかどうかは別として。

発表の授業があるので、連休後半は家にこもっています。
「自分の国の歴史的な文化遺産について発表」という
課題が出ているので、厳島神社について書くことにしました。
二度ほど行っているんですけれども
きちんとしたこと学んでないな、と反省。
今さらあれこれ調べてます。
あの大鳥居は中に石が入っていて
その重みで自立しているんですって。

厳島神社は、初めて行った時は
鹿に服を噛まれ、おまけに東京へ帰る飛行機が
欠航になっていることも知らず、牡蠣を食べまくり
二度目の時は、遠征で行って
もみじまんじゅうキーホルダーを買った思い出が…。
あれこれ思い出しながら課題のたたき台を作りました。

こういう調べる課題って楽しいんですけど
韓国語にするときの言葉が難しいんです。
特に神社とかお寺だと特殊な言葉が出てくるので
それに当てはまる表現を見つけることが
わたしにはまだまだ大変です。

語学堂によると思いますが
自分の国のことを発表する授業はわりと多くて
級が上がるごとに、さらなる詳細さを求められる気がします。

この間も方言について書くことがあって
大阪の友達にさんざんLINEで聞きながら書きました。
よく聞く言葉でも正確な意味や使うタイミングが
わからなかったりするんですよね。
特徴、どう違うのか、文化や背景…。
ネットがある時代でつくづく良かった…と思います。
先生が「面白かった!」って言ってくださったので良かった…。

そんなチュソクの休みも明日まで。
だらだらも今日までかー…。


by atougarashi | 2018-09-25 20:03 | 韓国語、語学堂のこと | Comments(0)
やっぱり難しい…。

先週金曜日から始まった5級の授業。
早くも教科書の第1課が終わるという…。
だいたい4日程度で、1課が終わる感じですね。

5級の教科書は1課がこんな感じで構成されています。
各課ごとにテーマが決まっているのは変わりませんが
討論というものが入ってきます。大変だ、これ…。

文法
聞き取り
会話
文法2つ
読み
書き
討議 / 討論
語彙
ことわざ

会話は会話と討議や討論でしか
しないわけではないです。
基本的には常に先生から質問だの
クラスメイトとの会話があります。

火木担当の先生もわかりやすくて
授業が楽しいのでよかったです。
説明が非常にわかりやすい。
そして凄い!って思うのはホワイトボードを見ず
生徒の方を見たまんま、後手に字を書ける!
しかもきれいに!凄い。

教科書だけでも盛り沢山なので
予習も復習も欠かせないのですが
韓国語に限らず、語学や資格取得の勉強をされてる方で
透明の付箋を使っている方ってけっこういませんか?

これ

e0064860_19034191.jpeg

これ、教科書に直接書き込みたくないけど
そこにメモしておきたいし、下の文も見えててほしい!
っていう時にすごく便利なんです。
なのに韓国であんまり売ってないんですよ…。
やっと見つけて買いました。

確か日本のダイソーでは
もうちょっと大判のがあったような…。
勉強に限らず何かと便利なんですけどね、この透明付箋。

スタディノートとか勉強に関する
メモ、ノート類はけっこう充実している韓国。
勉強時間がとにかく長い韓国の学生だから
せめて可愛いノートや勉強のやる気が持続する
スタディノートが必要なのかもしれません。
透明付箋もその仲間に入れてあげて〜!


by atougarashi | 2018-09-13 19:34 | 韓国語、語学堂のこと | Comments(0)
いよいよ。

今日から秋学期が始まりました。
朝、学校の売店に行ったら売店のおばちゃんたちが
「大丈夫?心配してたのよ!」って。
台風と地震のことをとても心配していてくださって…。
こちらでも地震のことは新聞に出ていました。
「日本はすごい国だからすぐ元気になるから!」と
たくさん励ましてくださいました…。

初日は全員が講堂に集まって開講式があります。
ここでも以前ツイッターにも書いた
「韓国人二人組による外国人勧誘事件」の注意が出ました。
開講式で学校から注意が出たのは初めて。
かなり問題になっているみたいですね…。

それから先生と対面し、教室へ移動します。
全員初対面のクラスもあれば
何人か知ってる人がいるクラスもあり…。
でもわたしは今回全員初対面。
どこもそうだと思いますが、語学堂は中国人が圧倒的に多い。
でも今回のクラスはちょっと今までとは違って
ウズベキスタンとかカザフスタンとかロシアとか…。
休み時間にロシア語が行き交うという…。
ロシア料理好きだから色々教えてほしいな…。

先生は、月水金と火木で二人いらっしゃいますが
月水金の先生、すごく楽しそう。
しかも休み時間に独立系出版社の話をしたら
先生もお好きみたい。本の話ができそうです。

そしてクラスで今学期の行事や出欠関係の説明があって
自己紹介をして、授業をちょっとしておしまい。

学校の帰りに宿題を提出するための
ノートを買いました。
後でマステも貼ろう…。


e0064860_18060113.jpeg
コカコーラのスタンプも。
コーラグッズ、けっこう売ってるんですよね…。


e0064860_18055277.jpeg

そしてこの間、ドアに貼ってあったこれ。
ガスの点検です。
半年に一回くらいなのかな。二度目の点検です。


e0064860_18061071.jpeg

留守にしていたので
書いてある番号に電話して来てもらいました。
電話は今もまだちょっと緊張します。

そうそう、今日面白いことがありました。
コンビニでジュースとビールを買ったら
ジュースをピッとした後、おばちゃんの手が止まり
わたしを見て

「これ、ビールよ?」
「あ、불금(燃える金曜日という花金みたいな意味)だから…」
「日本人よね?20歳以上なの?」
「え」

えー…どう見たってがっつり大人に見えるでしょー!?

証拠出さないと売ってくれなさそうだったので
外国人登録証(番号の前半は生年月日)を出しました。
するとおばちゃんが
「んまああああ!!日本人は若く見えるわー、まー、あらー」

おばちゃん、嘘でも嬉しいよ…。

「今度の金曜もいらっしゃいね!」

はい。


by atougarashi | 2018-09-07 18:54 | 韓国語、語学堂のこと | Comments(0)
む、難しい…。

おととい、昨日と雨と雷のソウルでしたが
今日はなんとかまあ…という感じでした。
休みに入るとぐずぐずしがちなので
今日は午前から昼過ぎまでを勉強の時間にして
午後遅めに隣町のカフェに行ってきました。

可愛い女性が経営しているカフェで
ついこの間、屋久島へ旅行してとても楽しかったそうで
すでにまた行きたい気持ちだそうです。
日本楽しかった!と言われるとわたしも嬉しいです。

で、今日はまた難しい問題を…
日本語の「、」の存在についてです。

彼女がおみやげに購入した紅茶の裏に
「開封後はお早めにお飲みください」
「高温・湿度、保管の際に香りが移ることにご注意ください」
というような文言が書いてありました。

このふたつの文、日本人には特に変わった点はありません。
でも彼女からすると上の文には「、」がなくて
下の文には「、」がある。
「、」の存在意味がとても不思議なようです。
日本語の漢字は読めない彼女ですが気になるようですね。
「、」の存在が。

これは日本語でも説明できないです…。
わたしが思うには、上の文はひとつの内容だけど
下の文にはふたつの内容があるからなのかな、と。
「高温・湿度」と「香りが移る」のふたつの内容があるけれど
「注意してください」というひとつの結論。
内容を区切る意味で「、」があるのかな、と…。

ってことを韓国語で説明する難易度の高さよ…。

日本人の場合、小学生くらいの時に
文節って習いますよね。「ね」を入れて
文章を区切るってやつです。

韓国語は「,」はあるけれど
日本語の「、」みたいな使い方ではない気がする。
韓国語の場合、文章を書く時に言葉と言葉の間に
スペースが入っていますが「、」の入る位置にスペースがあるというよりも
文節ごとにスペースがあるだけで、「、」の意味とは
違うような…。うーん…。誰か正解を…。

彼女からの質問はすごく新鮮です。
この間は「なんで鹿児島なのに島ではないのか」という質問。
日本には「島」がつく県があるけれど
全部が全部、海に浮かぶ島ではないですよね。
なのになぜに「島」なのか、という…。
NHKの「チコちゃんに叱られる」に出したい質問です。

わたしも今日は韓国語の「ㅅ不規則」について
質問したところ、いろいろ調べてくれて
世宗大王の時代にさかのぼり
それはもう壮大な話になりましたが
博物館で見ていた今は使われない文字の事がわかって
すごく勉強になりました。

母国語のことって意外と知らないことばかり。
言語ってものすごい歴史を背負っていて
外国語を話せるようになるために
ここを掘り下げる必要はないかもしれないけど
知ることで「ㅅ不規則」が可愛く思えてきた…。

言葉は生き物でどんどん変化するけれど
わたしたちが使っている言葉も
大昔から伝えられたものなんですよね。
いい言葉を使いたいな、と思いました。

貴重な紅茶をわけてくださった…。
次回までにもうちょっと勉強しとかないと。
どんな球が飛んでくるのか楽しみです。

そうそう「どうしてこんなに教会が多いの?」って聞いたら
「韓国人は우리(わたしたち)っていう単位が好きだから。
みんなで集まってみんなでお祈りして
みんなで食事して…っていうのができるのが教会なんじゃないかな」と。

いろんな理由があるだろうけど
わたし、今までで一番腑に落ちる理由でした。


e0064860_22113020.jpeg


by atougarashi | 2018-08-30 22:32 | 韓国語、語学堂のこと | Comments(0)
好きな番組。

わたしが韓国語の勉強を始めた時
いちばん最初の教材はNHKラジオ講座でした。

まずこれでカナダラを読めるようにしてから
日本の韓国語学校に通い始めました。
在韓暦の長い友達に学習法について尋ねたところ
すすめられたのがラジオ講座だったのですが
これが大正解でした!
わたしはテレビってどうも苦手というか
目と耳から情報が入ってきてしまうと
どうしても目が勝ってしまうんです。
なのでラジオが合ってたんだと思います。

今は日本でも韓国のラジオを簡単に聴けるし
便利な時代ですよね。
ジョンヒョンがラジオをやっていた時は
時間が遅くて、毎日早起きしていたわたしは
リアルタイムで聴くことが難しかったです。

韓国に来てからラジオをつけている時間が
とても長くなりました。テレビがないからかな…。
たくさんの番組を聴いているわけではないのですが
今いちばん勉強になるのが、MBCラジオ FM4Uで放送中の
Highlightのヨソプさんの「꿈꾸는 라디오(夢見るラジオ)」です。

何がいいかというと、ヨソプさんの話す速度と滑舌。
人それぞれ聞き取りやすいトーンがあるのだと思うのですが
わたしにはとても聞き取りやすく、理解しやすい。
使う言葉もきれいなのかも。
語学堂3〜4級の人にはちょうどいいかもしれません。

あと朝なら同じくMBC FM4Uの
「오늘 아침 정지영입니다」が好きです。
チョン・ジヨンさんの落ち着いた声質といい
優しい話し方といい…このトーンで話す女の人って
すごく素敵だし、知的な感じがします。
甲高い声で早口なのは相手を疲れさせるんですよね…。

ラジオって何かしながらも聴けるし
集中して聴くこともできる。
わたしは宿題しながら聞いたりしますが
気になる単語が出てきたらメモして調べるようにしています。
同じタイミングで笑ったり
思わず「だよね」とか「私もそう思うわ…」って
独り言言ってしまったりすると
あ、聞き取れてる…って嬉しくなります。
こういう小さいな「できた!」の積み重ねが
絶対大事だと思う…。

わたしにとっていちばんの韓国語の先生は
SHINeeであり、ジョンヒョンです。
ジョンヒョンがラジオで話す時や
ソロコンでのMCの時の声のトーンが大好きで
いつかわかるようになるのかな〜と思ったものです。

わからないものがわかっていく喜びと面白さを
いっぱい教えてもらっています。
今こうして聞き取れるようになったのは
ジョンヒョンのおかげかも。

MBCはアプリがあるので
それをダウンロードすればいつでも聴けます。
聞き取れなくても毎日流しておくだけで
耳が慣れてくると思うし
いろんな曲も聞けるから楽しいです。


by atougarashi | 2018-08-28 16:58 | 韓国語、語学堂のこと | Comments(2)

語学堂4級の修了式

もう…。

今日は방학(休み)1日目でした。
天気があんまり良くなかったので
だーらだーらと過ごしました。

昨日は語学堂の修了式で
4級が終了したのですが
いやー…その実力はついてない気がする…。
めちゃくちゃ不安な次の学期です。
復習しっかりやらないと…。

3級と4級では授業の内容がちょっと変わりました。
わたしが通っている梨大の語学堂に限らず
この3級、4級ってヤマなんじゃないかなーと思います。

3級までは単語や文法がぎっちりあって
特に3級は「本当にしんどかった…」と言う人も多いです。
教科書も3級までは2冊あって
中間までに1冊、期末までに1冊を終えるカリキュラムなので
まるまる1冊が試験範囲となるんです。

4級は教科書が1冊になり、代わりに「쓰기・읽기」という
薄いテキストが加わります。
そして新たに加わる課題が「토의」という授業です。
一つのテーマに対して自分の考えを述べる、というもの。
これはグループに別れて、それぞれの意見を出し合い
まとめて発表するという流れで行いました。

4級は自分の意見を考えて発表する、という
暗記でどうにかなるわけじゃない問題が出てきて
それはそれで大変なのですが、面白かったです。
わたしはやっぱり3級がしんどかった…。
わりと深刻に悩んで、語学に長けた諸先輩方や
自分より級が上の友達に相談しました。
期末の時には突発性難聴の症状まで出てストレス満載でした。
でも3級があったから、今学期を楽しめたのかもしれない。

そして今学期のクラス、本当に楽しかったです。
雰囲気もよかったし、明るいクラスでした。
グループで進める課題もあったので
クラスの雰囲気って大事…と思いました。
昨日も別れがたくて、修了式の後、7時間くらい
何人かでカフェでしゃべってました。

それに今学期は勉強以外に
新しい出会いに恵まれました。
いろんな場所に行けたこともよかったし
刺激を受けることが多かったです。
来学期もこうありたいなー…。

修了式で学校から頂いたソンムル。
可愛いペン入れでした。


e0064860_21592213.jpeg

休みの間にきちんと復習しておかないと!


by atougarashi | 2018-08-24 22:09 | 韓国語、語学堂のこと | Comments(0)
あんまりだ。

この間、学校の文化活動で作ったお皿を
受け取りました…。
すごくわくわくして待っていたお皿。
学期が終わるまでに届いてよかった…。

なのに本当に悲しい、ひどいな、っていう結果…。
ヘイリ芸術村!どういうことなのよ…。

これ、勝手に模様が描き変えられているんですよ…。



e0064860_13525610.jpeg

わたしが作ったのはこれ。
星5つ模様。
裏面に自分の名前とマークをつけておいたのですが
それはそっくりそのままだから
模様だけ描き変えてあるんですよ…。


e0064860_20412605.jpeg

仮に表面にヒビが入ったとか
何かあって補修してくれたのだとしたら
同じ模様にして欲しかった…。
それか一言メモをつけるとか…。

わかる人にはわかると思うけれど
星5つには意味があったのに。
わたしなりの今の気持ちを込めて作ったし
ずっと変わらない願いでもあったのに…。
悲しいし、すごくショック。
たかが文化活動のお遊びみたいなものだけど
お金もちゃんと払って、わくわくしながら作ったのに。

誰のものであろうと
誰かが作ったものを勝手に作りかえるとかって
悪でしかないから。そこ、わかってほしい。
やっぱりなんちゃってキティーちゃんとかを
平気で置くようなところはダメなんだよね。
作ってる時楽しかったのにな…。

それにお花のお皿ならこの間可愛いの買ったし!!

このお皿、どうすればいいの…。
どうやって大事にしたらいいの…。


by atougarashi | 2018-08-22 00:16 | 韓国語、語学堂のこと | Comments(4)
ぼろっぼろ…。

先週の木曜、金曜日は期末試験でした。
試験が終わってもまだ授業はあるのですが
今日、授業中に書き込みをして
消しゴムで消そうとしたら教科書崩壊…えー…。
先生がセロテープを貸してくださったのですが
ページをめくればぼろっ…。

でもクラスの中に何人も
ぼろっぼろ現象が起きていて
先生が教科書の発行年月日を確認して
証拠写真をとっていました。学校に報告するみたいですね。

決してめちゃくちゃ勉強した結果…ではなくて
教科書の問題ですね…。


e0064860_20543039.jpeg

そんな本日の授業の中で
辞書で調べても「?」な言葉がありました。

「님비 현상」と「핌피 현상」です。
教科書読んでも何かを分類する言葉なんだろうと
推測はできるものの…。

そしたらこれ
「님비 현상(ニンビー現象)」NIMBY現象。
Not In My Back Yardの頭文字をとっていて
「必要なのはわかるけど、うちの近くには作らないで」
という意味だそうです。

「핌피 현상(ピンピー現象)」
Please In My Front Yardの頭文字をとっていて
「うちの近くに作ってほしい」の意味。

例えばゴミ処理場などは「님비 현상」で
大型スーパーなどは「핌피 현상」というような感じ。
わたしはこの、ニンビーもピンピーも初めて聞いたので
すごく未知なものに出会った気分でした。

外来語が韓国語で書いてある時って
ちょっとワンクッションおいて
「あ、外来語か」って理解できるんですけど
この微妙に韓国語っぽい響きのせいで
すっかり騙された感じでした。

それにしても一学期が終わるのが早い…。
特にこの夏学期のクラス、すごく楽しかったから
余計に早く感じたのかも。
あと数日、楽しく過ごしたいです。



by atougarashi | 2018-08-20 21:40 | 韓国語、語学堂のこと | Comments(0)
なんでだ。

期末試験がもうすぐなので
今日は1日中ノートを(グズグズと)まとめて
地味に過ごしてました。
昼間はカフェで、夕方からはスタディルームで。
カフェ勉強の目安は冷房で冷えきって
もう無理ーってなったら退散します。

ポールバセットのシナモンラテが
ちょっと甘くておいしかったです。
そうそう、カフェもだんだんマグ推奨になってきてる感じ…。
このホット用のストローもなくなっちゃうのかな…。


e0064860_21351547.jpeg

ところで、この間の授業で
社会的に弱い立場にある人や
生活が困難な人にはどういう人がいて
その人を助けるためにはどういう方法があるか?っていう
課題があったんです。
その中に「은둔형 외톨이」という言葉がありました。
これ、「ひきこもり」のことです。

で、先生がこの単語を説明する時に
「ひきこもり」っておっしゃって
香港の子も「あー、ひきこもり」って。
そんなメジャーな言葉だったのか!と。
漫画やアニメなんかで知るのかな、とも思うのですが
そういうものにさほど興味なさそうな人も
意外な言葉を知っていたりするので驚きます。
「もったいない」「オタク」「つなみ」このあたりは
知っている人も多いと思うのですが…。

反対に同じ言葉を相手の国の言葉で知ってるか、と考えると
わたしはだいたいわからない…。
言葉って響きがちょっと面白かったりすると
すぐ言いたがったり覚えやすかったりする。
韓国語でも聞いていて可愛いなーって思う響きや
美しいなと思う響きがたくさんあります。
そういう言葉ってすぐ覚えちゃう。

あと言葉じゃないけど「日本のホストクラブ」に
ものすごく興味持ってる子がいて
絶対行きたいから連れてってほしい、と。
いやだよ…。

自分の国にはないものや
あってもちょっと違うもの
同じような社会問題には
関心を持ちやすいのかもしれないです。

というわけで意外とメジャーな
「ひきこもり」という言葉。
でもひきこもりの問題自体がメジャーってことだから
あまり歓迎すべきこととも違うんですけどね…。
何語でも楽しい意味の言葉をもっと共有できたらいいのにな。


by atougarashi | 2018-08-12 22:24 | 韓国語、語学堂のこと | Comments(0)
行ってよかった。

今日は学校の「문화활동(文化活動)」の日でした。
これは学期の初めに活動の告知があって
希望者のみ有料で参加するものです。
テレビ局観覧やミュージカル観覧のような
エンタメ系のものから、歴史を学ぶようなものもあり
けっこう面白いです。

今回は「ヘイリ芸術村で陶磁器作り体験」の
プログラムがあったので楽しみにしていました。
意外に遠い。

e0064860_20420076.jpeg

授業が終わってからバスで行きました。
弘大からヘイリ芸術村まで行くバスが出ています。
約1時間半くらいのバス旅です。
それにしても本日も暑い。


e0064860_20393603.jpeg

到着すると
なんちゃってキティちゃんがお出迎え。
ここ、芸術村だよね…?


e0064860_20395492.jpeg

なんとなーく…惜しい気分…。


e0064860_20400594.jpeg

芸術村っていうイメージとはちょっと違うけど
陶磁器作りは楽しそう。


e0064860_20402175.jpeg

e0064860_20403257.jpeg

作るものは決まっていました。
ちょっと深みのあるお皿。


e0064860_20404256.jpeg

これをバンバン叩いて丸く平たくする。
うっすら指輪の日焼けの跡があるのわかりますか?
わたし、この数週間で日焼けしました…。


e0064860_20405403.jpeg

形を作ります。
これを指の腹を使ってのばすというか
縁とお皿の部分をくっつけていきます。


e0064860_20410630.jpeg

それができたらスタンプで
模様をつけます。


e0064860_20411659.jpeg

わたしは星のスタンプ。
5つの星にしました。


e0064860_20412605.jpeg

以上で終了。一週間後くらいに
学校に送られてくるみたいです。
みんなとても上手でした。


e0064860_20413831.jpeg

作るのが終わって
芸術村をウロウロしていたら
こんな人たちが…。後ろのウルトラマンに注目です。


e0064860_20414805.jpeg

中途半端な感じの芸術村…。
バスで帰ります。弘大まで一本というのは素晴らしいですね。


e0064860_20421699.jpeg

この파주(坡州・パジュ)というところは
なんだか不思議な雰囲気なんです。

前に行ったDMZ、第三トンネル、板門店など
軍事境界線がある市がパジュです。
その時に見てきた光景と今回見た街は
全く空気が違っていました。

かつては軍に依存した街で
兵士相手の歓楽街があったそうです。
近年は出版都市やスポーツ施設、英語村などができて
新たな産業が生まれているようですが
どこか人工的な不思議な匂いを感じる街でした。
広い土地を感じさせるところで
アウトレットなどもあるようですが
人の手と自然がアンバランスに共存しているように見えました。

わたし、このアンバランスな感じ
嫌いじゃないんです。少し不安になる感じが好き。

にしても、芸術村はちょっとなー!
もうちょっと頑張ってほしい。
芸術村というのであれば、なんちゃってキティちゃんは
置いたらだめー!


by atougarashi | 2018-08-03 21:25 | 韓国語、語学堂のこと | Comments(2)

ぺちこです。SHINeeが大好きすぎるほど大好きで、ジョンペンです!韓国に留学中。pechikosec@yahoo.co.jp


by ぺちこ