メロンソーダと憧れの韓屋の書店と…☆아현(アヒョン)

今日はいい日。

イラストレーターの方との楽しい時間の後
とても便利なマウルバス(ハチ公バスみたいなやつです)を
教えていただいて家の近くまで戻ったのですが
なんだかすごく元気が出てしまって
前に行った隣町(と言っても一山超える感じ)のカフェまで
散歩することにしました。

ここのところ落ち込んでいた気分が
ぱーっと晴れ渡った感じ。
よかった、学校始まる前に切り替えできて。

カフェラテ飲んできたのに
一山超えたら暑いのなんのって。

「카페 오캄」さん
インスタで見て気になっていたメロンソーダ。


e0064860_23370101.jpeg


飲みかけですが…。
このメロンソーダ、おいしかった!
シロップじゃないんです。ちゃんとメロン。


e0064860_23371119.jpeg

そしてこのカフェの近くに
ずっと気になっていた本屋さんがあるのです。
でもちょっと変わっていていつもオープンしているわけではなく
かといって営業日でもドアが開いているというわけでもなさそうで…。
カフェの方がお知り合いで、今日は何時に開くか聞いてくださいました。
すると4時。うーん、まだ1時間半くらいあるな…と思ったら

「ここで待っていたら?」と。

すごいですよね…。
こんな風に言ってくださるなんて。
お言葉に甘えて待たせて頂くことにしました。
ここでも旅の話がたくさん出ました。
日本語の方言の話、映画の話、前にしていた仕事のこと…。

そして4時、なんと本屋さんの女性が
迎えに来てくださいましたー!びっくりした!

住宅街に隠れるようしてある韓屋の本屋さん。
美しい…。
外とは全く違う時間が流れていました。


e0064860_00032228.jpeg


e0064860_23381517.jpeg

e0064860_23383952.jpeg

何しろ初対面なので緊張しました。
でも本の話や、本屋さんを作られた経緯や
生活で大事にしていらっしゃること、たくさんお話しました。
とっても素敵な女性で…。
わたしの韓国語がもうちょっとましだったらなー。

村上春樹さん、江國香織さん、吉本ばななさんなど
共通の好きな作家もいて嬉しかった。
特に江國香織さんの本は美しい表現が多いのですが
翻訳の方がとても素晴らしいようで
その美しさもちゃんと届いていました。

この空間、本当に別の世界みたいでした。
物語がある空間というのか…。
クラシックが流れていて
オーナーの方の好きなものだけがある空間。
その人の思考の中に入っていくような感じです。

きっと雨の日や夜も素敵だろうな…。

外に出ると不意に元の世界に戻ります。

もう一度カフェに戻ってお礼を伝え
朝ごはん用スコーンを買ったら
トマト頂きました。
韓国のトマトってトマトらしい味がして好き。

家に帰ってから
トマトと玉ねぎのスープをたくさん作りました。


e0064860_23372099.jpeg

それにしても今日は本当に素敵な日でした。
勉強をもっと頑張って、もっといろんな話が
できるようになりたい…。
外に出るって大事だな…。

今日は長いトンネルを抜けたような日でした。

[PR]
by atougarashi | 2018-06-08 00:42 | 韓国のカフェ | Comments(0)

ぺちこです。SHINeeが大好きすぎるほど大好きで、ジョンペンです!pechikosec@yahoo.co.jp


by ぺちこ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31