백남준기념관(ナムジュンパイク記念館)へ☆昌信洞

素晴らしい。

今日は祭日(お釈迦様のお誕生日)です。
とはいえ、방학中の身なので
関係なくずーっと休みですが…。
今日は午後から雨の予報だったので
午前中に出かけることにしました。

この間行った安養庵の様子も見たいし
その近くに現代美術家、ナムジュンパイクの記念館があるのです。
すっかり忘れてた…。

백남준、日本では
ナムジュンパイクという呼び方の方が
よく知られているかと思います。
モニターをたくさん積み上げた大掛かりな作品や
テレビやラジオ、基盤などを使った作品が有名で
いわゆるビデオアートっていうんでしょうか…。

昌信洞にこの記念館があるのは
1937年から1950年までをこのトンネで
過ごしたからだそうです。

こぢんまりとしたきれいな韓屋の記念館です。



e0064860_16422877.jpeg

彼の記念館らしいゲートです。
e0064860_16424191.jpeg

e0064860_16425531.jpeg

入り口を入るとすぐオブジェが。


e0064860_16444196.jpeg

e0064860_16443194.jpeg

e0064860_16430783.jpeg

本当にこぢんまりとしているのですが
展示作品は作品を体験できるものばかり。


e0064860_16434959.jpeg

e0064860_16433822.jpeg

このイスに座って机の上のバインダーをめくると


e0064860_16441843.jpeg


ラジオから音声が流れて
ページに映像が映されていくんです。
ページをめくるごとに違う映像が映し出され
なんとも不思議なんですよ…。
この机もすごくいい感じ。

記念館にはカフェも併設されています。



e0064860_16432744.jpeg

そこにも作品があるのですが
テーブルになってるし!
しかもジュースだか何だかのストックまで
置かれちゃってるし!!
日本だったら「お手を触れないで下さい」の
注意書きがバッチリありそうなものなんですけどね…。
おおらかさがありがたい。



e0064860_16450320.jpeg

テラスもあります。


e0064860_16451507.jpeg

カフェのスリーブがかわいかったから
持って帰ってきました。



e0064860_18561887.jpeg

記念館自体がすごく素敵な建物だし
作品を身近に感じられる空間がよかったです。
女性のスタッフがいらっしゃるのですが
親切でいろいろ説明してくださいました。
とはいえ、まだまだ理解するのが難しいんですけど…。

このくらいの大きさの韓屋っていいなー。
中庭があって、囲むように住居があって。
ちょっと違うけど、何年か前に行った
ペナン島ジョージタウンにあるプラナカン様式の家も
こんな風に中庭がありました。

でも韓国みたいに極寒の地で
昔の人はこの様式の住居に暮らしていたことが
ちょっと不思議です。
調べることがまたひとつ増えた…。

この中庭様式住居、憧れちゃうなー。

美術館のあと、この間の「安養庵」にも寄りましたが
熱心な地元の方々で賑わっていたので
よそ者としてはちょっと遠慮してしまいました…。

たくさんの人がいらして
ワイワイと楽しそうでした。
お釈迦様も嬉しいでしょうね。

ナムジュンパイク記念館は
東大門駅3番出口が近いです。
スーパーの手前を左に入って右に曲がるとあります。


e0064860_18350214.png




[PR]
Commented at 2018-05-22 22:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by atougarashi at 2018-05-23 21:12
> 鍵コメ ひ 様
まだまだ私の知らない面白い場所があるんだろうなーと思うとうずうずします。
時々地図を見て「なんだ?ここ」というところを調べたりしているんですが
ソウルの街、面白いです。
ところで、良かったですね!おめでとうございます。
きっとこれがきっかけになって、これからの面接もリラックスして
受けられると思いますよ!どんどんいいご縁を引き寄せられますように。
by atougarashi | 2018-05-22 19:06 | 韓国のアート・本 | Comments(2)

ぺちこです。SHINeeが大好きすぎるほど大好きで、ジョンペンです!pechikosec@yahoo.co.jp


by ぺちこ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31