あたらしい仕事

早く慣れたい。

先週からあたらしい仕事が始まりました。
留学生の中には帰国が近くづくにつれ
帰国後の仕事をあれこれ考え出す人が多いです。
わたしもそうでした。

韓国でこのまま生活したい、と思いましたが
日系企業にしろ何にしろ、現地就職は現実的に考えられませんでした。
自分の姿がうまく描けなかった。
帰国することは絶対としても、日本で何をしよう、と思った時に
絶対に嫌だ、と思うことがいくつか浮かびました。
え、そんなこと?と思われるようなことでしたが
わたしは何が何でもそれだけは選ばないと決めました。

そして長期戦で叶えていきたいことと
チャレンジしてみたいことがあって
その二つが損なわれないような環境を作ろう、と思いました。

幸い縁があった仕事は
韓国語を使う職場ではありませんが
海外経験豊富な人たちが集まる環境で
今までの仕事も役立ちそうです。
早く環境や仕事に慣れたい。
少し落ち着いたら、自分の目標への準備も始めようと思います。


ところで、最近ちょくちょく寄ることが多い
韓国文化院の図書館で、面白そうな本を借りました。
ナムジュン・パイクに関する本です。
この人の作品を初めて見た時は
本当にびっくりしました…。
見るたびに不思議な気分になるんですよね…。



e0064860_09091376.jpeg



# by atougarashi | 2019-03-25 22:22 | 日常 | Comments(0)
遅い!って言われそう…。

今さら感が満載の話ではあるのですが
「トッケビ」の面白さに夢中です。
GYAO!で見ているのですが、毎週二話ずつアップされるのを
とても楽しみにしています。
そしてこれも今さらですがキーくんの出ていた「혼술남녀」も見ています。
この2本のドラマのアップが、ものすごく楽しみなんです。

トッケビは語学堂で一緒だったイタリア人の女の子が
とにかくはまり込んでいて、彼女の口から
「トッケビ」「コン・ユ」という言葉を
聞かない日はありませんでした。

トッケビは、ある理由があって
900年も生き続けている男と、霊が見える女の子の
ファンタジックなラブストーリーです。
わたしは前世の記憶とかそういうファンタジーって
あんまり得意な話ではないので、おおまかなあらすじを聞いただけで
全然興味を持てなかったです。最初は!!

韓国から戻って、なるべく韓国語の会話を聞きたくて
ドラマでも見るか、と思った時に
イタリア人の子の「トッケビ最高」を思い出し見始めました。

映像が美しく、これ見たら韓国行きたくなるよ…と思いました。
物語の展開も「これどうなるの?」とわくわくするし
ファンタジックなラブストーリー、と簡単に言わせない魅力があります。
セリフのやり取りも面白い。
そして見ているうちに輝きを増していく俳優陣が素敵なんです。
って今さらですよねー…。

これ、わたしが見たことがある
数少ない韓国ドラマに起こりがちの現象なのですが
最初は特に何も思わず見ていた俳優さんが
回を重ねるごとにめちゃくちゃ素敵に見えてくるという
韓国ドラママジック(と勝手に呼んでいる)ってありませんか?
見た目がかっこいいとか美人というよりも
仕草、表情、喋り方で、その俳優さんがすごく魅力的に見えてくる。
俳優さんのペンになる人は、そういうところでハマっていくんだろうな…。

そして「혼술남녀」も面白いんです。
このドラマ以降、韓国ではひとり酒やひとりごはんなどの
「おひとりさま」が広がっていったそうです。
コメディではあるものの、ほろりとくるエピソードが
上手にはさみこまれています。こういうのうまいですよね。

ドラマの中でキーくんのおばあちゃんが亡くなるエピソードがありました。
ここ、きっとシャヲルで特にキーぺんさんは
ぐっときたんじゃないかなと思います。

内容は予備校が舞台のラブコメディで
かっこよくて人気があるけど、性格に難ありの男性教師と
自分にちょっと自信はないけれど
一生懸命でチャーミングな女性教師を中心に展開します。
男性教師を演じるハ・ソクジンさんが、ちょっと笑えるひどい男を
素敵に演じられています。

どちらも韓国語の勉強にもなるし
知っている場所が出てきたりするのも楽しい。
ドラマを見てその場所に行くのもいいけれど
見ているドラマに知っているところが出てこないか
探しながら見るのも面白いです。

ちなみにわたしが今すごく気になっているのは
「혼술남녀」に出てきた、エビのお店。
あれはどこなのー!あれ食べたいー!!
NAVERで検索したのですが、場所がわからない。
ご存知の方、教えてください…。

そしてソウルに住んでいた時に
さんざん聞いていたラジオも引き続き聞いています。
この間、あるプログラムに日本の俳優さんが出演されていました。
通訳がつくので、韓国語と日本語がすぐに訳されるから
どのくらい聞き取れたか、この日本語の回答は韓国語だとどうなるかが
すぐにわかるのでとても面白かったです。

そしてこの俳優さんが、自分の言葉が外国語になるときに
より伝わりやすい日本語を考えて選んでいらしたように思いました。
話す速度や声のトーンも落ち着いていて
何かを伝える、ということを常に意識されているんだろうなと感じました。

ドラマにしろ、ラジオにしろ
会話の勉強にもなるし、どうやったらよく伝わるかのヒントが
たくさんあるな、と思います。

…トッケビ、終わってほしくないな。
そしてエビの店が知りたいな。


# by atougarashi | 2019-03-23 10:19 | エンターテイメント | Comments(2)
おいしい。

デパートに行ったら京都展をやっていたので
ちょっと見てみました。
かわいいぽち袋やきれいなかんざしに
おいしそうな料理やお菓子が並んでいて
韓国でよく「京都に行ってみたい」と言われたことを思い出しました。
わたしも数回は行ったことがありますが
「ここがいいよ」と誰かに言えるほど詳しくなくて
あれこれ聞かれても、なかなか答えを返せなかったなー…。

そんなことを思いながら見ていると
京都修学旅行の大定番おみやげ「八ツ橋」がありました。

わたし、八ツ橋の焼いてある方、大好きなんです。
シナモンがちょっと強めで
カリッとした歯ごたえ、素朴で変わらない味。
昔はこんなに種類なかった気がする…と思うほど
いろんな味が出ていましたが
試食して「これは!」と思い買ったのが
珈琲味の八橋です。

売り場の方も「バニラアイスと合いますよ!」って
おっしゃっていましたが、わたしも絶対合うと思います!!


e0064860_09023716.jpeg


珈琲の苦味とシナモンのスパイシーな感じと
ほんのりした甘みが最高。
カプチーノとかカフェラテとも合うと思います。
もう一袋買っておくべきだったか…。



e0064860_09022121.jpeg


八ツ橋ってあまりにも定番なお菓子だから
「え、八ツ橋?」って反応をする人もいると思うのですが
こんなに長く大定番の地位を守り続けているお菓子も
なかなかないと思います。

理想の食べ方としては
ハーゲンダッツのクッキーアンドクリームに
この珈琲味八ツ橋を砕いてトッピング。
絶対おいしいと思う…。


# by atougarashi | 2019-03-21 09:20 | デザートとお菓子 | Comments(0)

思いがけない再会

嬉しい。

インスタグラムが素敵だな、と思うのは
友達が住む国の風景や近況を知ることができたり
誰かが作る美しい作品や、知らなかった世界に
触れることができるところだと思います。

今日、台湾の友達がインスタグラムのストーリーをあげていて
東京にいることがわかり連絡をしました。
彼女は韓国の語学堂の友達で
ごはんを食べたり、チェジュに行ったり
悩みごとを相談したり、とにかく気が合う友達でした。
留学期間は1学期間だけしかかぶらず
彼女は先に帰国してしまいましたが
お互いにインスタグラムで近況を知っていました。

仕事で来ていた彼女とは、夜少し時間が空いて
一年ぶりに会うことができました。

弾丸のように喋り、ビールを一杯だけ飲み
次回は台湾で!と約束をして別れました。
大阪弁を流暢に話す彼女は、相変わらず楽しい人でした。
お互い忙しいかな、と遠慮しあっていたけれど
もう少し気楽に電話で話したり、連絡を取り合おうと約束をしました。

LINEやメールよりインスタグラムにコメントする方が
ちょっと気楽なような気がします。
相手の状況が写真でわかるからなのかな。
その人の今の空気が伝わって来る写真は
見ていても楽しいし、会いたくなります。

短い時間の間に、おみやげを買っておいてくれた彼女。
大きいハートのパイ。
やたらと食べるのが早くて、大食いだったわたしたちに
ぴったりのサイズかも。



e0064860_00461321.jpeg


# by atougarashi | 2019-03-19 00:54 | 友達 | Comments(0)
おいしい。

韓国に行く前はあまり飲まなかったコーヒーですが
すっかりコーヒーを飲む習慣がつきました。
日本のコーヒーは韓国に比べると
酸味より苦味の強いものが多くて
しっかりめの味わい、という感じがします。
でも時々、あの薄いアメリカーノが恋しくなる…。
寒くてもアイスコーヒーだったけど
不思議と東京だと温かいコーヒーが飲みたくなります。

そんなついこの間、素敵なカフェを見つけました。
小田急線の世田谷代田駅から数分のところにある
「GLAUBELL COFFEE」さんです。


e0064860_14431808.jpeg


かわいいお店だなーと思って入ったのですが
ここでとてもおいしいコーヒーに出会いました。
まずは素敵な店内を…。



e0064860_14415321.jpeg

瓶に豆が入っていて、香りを試すことができます。


e0064860_14422190.jpeg

お店のトレードマークのフクロウの絵のタンブラーや
簡単に淹れられるパックのコーヒーもあります。



e0064860_14421093.jpeg



e0064860_14424854.jpeg


そしてメニュー。
わたしが気になったのは「徳之島コーヒー」です。
徳之島で作られている国内産のコーヒーなんです。
日本でコーヒー栽培してたんだ!
わたし、知りませんでした…。



e0064860_14420277.jpeg


このコーヒーは黒糖と一緒に楽しんでほしい、というのが
生産者の方の希望だそうです。

試してみると…わかる!これはおいしい!

とてもやわらかい風味のコーヒーで
黒糖のまろやかな甘さとぴったり。
コーヒーの温度も豆の風味がしっかり味わえる
熱すぎない絶妙な温度です。

この黒糖もこだわりの黒糖だそうです。


e0064860_14431083.jpeg

他のブレンドもおいしかったです。
わたし、家でもコーヒーをちゃんと淹れたくなってきました…。


お店は基本的には、金土日の営業ですが
インスタグラムなどで確認してから伺うのが良さそうです。



e0064860_15573539.png


カカオマップって日本だと使えないんですかね…。
わたし、カカオマップ派だったので
ちょっと淋しい…。


# by atougarashi | 2019-03-12 16:32 | 日本のレストラン・カフェ | Comments(4)
面白い!

やっと晴れたので、埼玉県立近代美術館まで行ってきました。
ここの美術館は面白い企画が多くて
昔からけっこう行っていました。

今回も思った通り面白い展示で
評判がいいのか、平日の昼間にもかかわらず
お客さんがけっこう来ていました。

「インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史」という
建築に関する展示でした。


e0064860_16150240.jpeg

でもちょっと変わっているのが
「完成に至らなかった構想」「提案に留めたアイディア」に
焦点を当てた展示なんです。
展示は写真が撮れなかったのでチラシ裏表を…。

このチラシも、美術館内に置かれていなくて
受付の方にお願いして一枚いただいてきました。
数種類のチラシがあったようなのですが、今はこのタイプのみ。
人気があったらしく、館内に置くほど在庫がないそう。
欲しい方は受付でお願いするといいと思います。


e0064860_16141295.jpeg


e0064860_16143158.jpeg

チラシに載っていないのですが
わたしがすごく好きだったのがこれ。
右下の「ヘルシンキ・グッゲンハイム美術館」です。
政府の資金難で計画が中止になってしまったそうですが
これが実現していたら絶対に見に行ってたと思います。



e0064860_16142142.jpeg


そしてもうひとつ、日本人建築家の構想がすごかった。
千葉の海上に人工の島を作って、そこに首都機能を移転させちゃう。
新首都みたいな感じで、名前は「ヤマト」だそうで…。
そのやり方がかなり過激。アニメかマンガか…。
やり方には賛同しかねるけれど、発想は興味深かったです。

あと新都庁もなかなか斬新なデザインがあったんですね。
個人的にはダメだった案が好きでした。

ひとつの建物を建てる、というところに留まらず
都市計画という壮大な目線で見た建築は
まるでSF映画みたいで面白かったです。
建築家って、過去と今と未来をいっぺんに見てるんだな、と思いました。
今は無理かも知れない構想も
数年後には現実になっているかもしれない。

この展示には頓挫してしまった
東京オリンピックのザハ氏の新国立競技場の模型や
計画に関する設計図もありました。
これができていたら凄かっただろうな、と思います。
韓国の東大門にあるDDPの建築がザハ氏ですが
夜のライトアップが幻想的で
宇宙船が着陸してるみたいだな、と見るたびに思っていました。


建築に詳しくなくても
見ていて楽しめる展示でした。

今月24日まで行われています。
建築に興味のある方にはおすすめです。


# by atougarashi | 2019-03-08 16:56 | 本、音楽、アート | Comments(6)
落ち着く…。

家からそんなに遠くないところに
「駐日韓国文化院」があります。
映画の上映やイベント、韓国語やテコンドー教室など
韓国に関わる様々な催しが行われています。
そして何よりいいのが、この建物の中にある図書館です。

韓国語、日本語で書かれた
韓国に関する本、写真集などなどが
たくさんあります。
身分証があれば図書館カードも作ってもらえて
本を借りることも可能です。
勉強するスペースもあるし、Wi-Fiも完備!
落ち着いた、いい環境です。

図書館の入り口のところに
見慣れたキャラクターが…。平昌のグッズが並んでいました。
こんなにあったんだ…。


e0064860_18415901.jpeg

勉強や調べ物をして、さて帰ろうと
一階に降り、何気なく目に止まった自販機…。

あ、韓国の飲み物だ!
しかもチルソンサイダーがあるー!!
思わず買ってしまう…。


e0064860_18412865.jpeg

留学前よりも今の方が
この図書館の存在がすごくありがたく感じます。
知りたいことが増えたこともあるし
ちょっと高いな、という専門的な本も
ここでなら手にすることができる。

活用しなかったらもったいない。
チルソンサイダーもあることだし
まめに通おうと思います。

# by atougarashi | 2019-03-06 21:32 | 韓国語 | Comments(2)
面白い。

今日は紀伊國屋書店に行ってきました。
留学中に気になっていた本がいくつかあって
新刊も含めいろいろ見てみようと思いました。

新宿の紀伊國屋書店、韓国語学習の本コーナーが
すごく広くなっていてびっくり!!
わたしが勉強を始めた頃→留学直前→今、と
確実にスペースが広くなっている…。
2階の外国文学のコーナーにも
韓国文学が増えつつあるし…。素敵。

今日の目当てはこれ。
本当は留学前に出版されていて欲しかった本。
「ネイティブっぽい韓国語の発音」です。
やっと買えた…。



e0064860_22364348.jpeg

韓国語学習の本に限らず
語学習得や資格取得のための本って
読み物として面白い本がなかなか少なかったりするけれど
ゆうき先生の場合、読み物として面白くて
学習本として頭に入るところがすごいと思う。
「勉強するぞ」って本をひらくのもいいけれど
寝る前とかゴロゴロしながらとかでも
手にしたくなっちゃうのがいい。
この「手にしたくなる」が大事なんですよね〜!

レジに持って行ったら
「まだサイン本が残っていますよ!」と
サインとイラストの入ったスペシャル本に
替えてくださいました。
きっと「頑張れ!」の気持ちを込めて
描いてくださったのだろうな…。
楽しく頑張れそうです。


ところで、文庫のコーナーを見ていて思ったのですが
ライトノベルが増えたのか、漫画っぽい表紙の本が
すごく増えた気がしました。
本の陳列を見ていると、ぱきっとした色使いが多くて
本のカバーもつるっとした素材が多いんだな、と。
そして雑誌の数が膨大…。

ソウルにしろ東京にしろ
本屋さんは面白い。

そしてついつい長居しちゃうのも同じです。


# by atougarashi | 2019-03-05 23:04 | 韓国語 | Comments(0)
これで探せる。

帰国して一週間以上が過ぎました。
東京は昨日、今日と雨が降っていて
そういえばソウルって雨少なかったな、と思いました。
1年3ヶ月の中で、傘をさしたのって
数回だった気がします。

韓国にいようが日本にいようが
本屋さんになぜか行きたくなる。
久しぶりに下北沢にある「B&B」さんに行ったら
あれがありました!

「ちぇっくCHECK」
韓国文学のガイド本ともいえる冊子で
面白そうな本がたくさん紹介されています。
もう3号なんだ…。



e0064860_19534260.jpeg


興味あるけど、何から読んだらいいのか…という方に
すごくおすすめの冊子です。
最近話題になっている「82년생 김지영」をきっかけに
韓国の小説に興味を持った方は多いと思います。
わたしも今、原語でチャレンジをしています。
日本語訳も出ていますが、ぐっとこらえて頑張るぞ。
後で答えあわせを兼ねて、日本語訳を読むつもりです。

韓国でよくラジオを聞いていましたが
わりと頻繁に日本の小説、映画、音楽のことが
取り上げられていました。
聞き覚えのある名前やタイトルが突然聞こえたり
ゲストで日本人が出ていたりして
よくびっくりしましたが、それ以上に
韓国の人が日本の作家などに詳しいことに驚きました。

友達に「羅生門読んだけど怖かった」とか
「注文の多い料理店、最後びっくりしちゃったよ」とか言われて
自分が韓国の小説をよく知らないことを
恥ずかしく思ったこともありました。

少しずつ自分の引き出しを増やしていって
もっといろんな話ができるようになりたいな、と思います。



ところで、同じ語学堂で勉強していた友達から
韓国人の彼との結婚が決まったと連絡がありました。
なんとこれで3組め!嬉しいです。
遠距離で悩んだりしていた姿を知っているので
本当に嬉しい。漢江見ながら語った夏が昨日のことみたい。
おめでとう!!



# by atougarashi | 2019-03-04 20:23 | 韓国の本、書店、美術、博物館、映画 | Comments(0)
近未来と過去の混在。

久しぶりに韓国の街のお話です。
帰国ちょっと前に行った「용산(龍山・ヨンサン)」です。

龍山(ヨンサン)というと、近未来都市みたいで
とてつもなく大きいビルが多いイメージでした。
化粧品でおなじみのアモーレパシフィック本社もあります。
ちょっと余談ですが、このアモーレ本社は
社屋がとても面白いし、一階のアートスペースや
地下のモールも楽しいです。
でも特にお勧めしたいのは、2階にある
アモーレグループの全化粧品を購入できるお店があること。
アリタウム、エチュードハウスなどなどが全て揃っています。

で、ヨンサンです。
基地もあるし、近隣は三角地や緑莎坪
日本人が多く暮らす二村などがあります。
秋葉原のような電子街もあり、ちょっと面白いエリアです。

駅の裏を歩けば、超高層ビルがそびえるふもとに
古い街が残ります。


e0064860_10420806.jpeg
ずいぶん大きな冷蔵庫…。


e0064860_10375220.jpeg

e0064860_10393295.jpeg

e0064860_10372012.jpeg

これは病院だった建物です。
今は工事していて、博物館になるらしいです。
中も見てみたい。


e0064860_10373337.jpeg

三角マンション。
三角地の象徴的とも言える、古いマンションです。
造りが不思議。



e0064860_10385215.jpeg

このモーテルはヨンサン駅から遠くない場所にあって
なんとなくアメリカな感じ。
この褪せたピンクと「モーテル」の看板が
とっても好き。



e0064860_10401621.jpeg

韓国にはこういう電線が多くて
わたしはすごく好きです。
これはまだマシな方の「ぐるぐる巻き電線」です。
電信柱がはりつけの刑にされてるみたいなのが
いっぱいあって面白い。
インスタグラムにはずいぶん電線の写真をアップしました。
会いたいな、電線…。



e0064860_10422684.jpeg

未来都市のような雰囲気と
古い街が混在する様子は
映画「ブレードランナー」を思わせます。
わたしはあの映画が大好きなので
ヨンサンに来るといつも「ブレードランナーだなー」と思いました。

旅行の時には行ったことがない街でしたが
住んでいる間は何度となく行ったヨンサン。
二村駅にはソウル内では三本指に入る
超オススメスポット「国立中央博物館」もあるので
このエリア散策の際に、ぜひヨンサン駅周辺も散歩してみてください。

ヨンサン駅を出て左エリアに
古い街なみを見ることができます。



e0064860_10442178.png

# by atougarashi | 2019-02-25 11:19 | 韓国の街・韓国内の旅行 | Comments(0)

ぺちこです。SHINeeが大好きなジョンペンです。韓国留学のこと、韓国のことなど書いています。pechikosec@yahoo.co.jp


by ぺちこ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31