だいぶたつけど…。

韓国でピアスをあけたい、という人は
けっこう多いと思います。
時々「どこであけた?」と聞かれるので
わたしがあけたところを書いておこうと思います。

わたしは日本で3個あけていて
韓国に来てから2個あけました。
なので今、5個。特別な数字です、5って。

で、わたしも韓国であけるとき
ちょっと不安だったのですが、あれこれ調べると
「CROW」さんというピアス屋さんが人気でした。

韓国でピアスをあけるメリットは
日本よりも安いということだと思います。
だいたい15000ウォンから17000ウォンくらい。
デメリットは軟膏などは薬局で買う、などかな…。

「CROW」さんは弘大や梨大にあって
わたしは両方のお店で時間をおいて、ひとつずつあけました。
弘大にあけるのが上手で有名な方がいらっしゃるのですが
本当にあっという間に、痛みもほぼなく…。

韓国はだいたいピアス屋さんであけるのが普通みたいです。
お店の奥に施術スペースがあることが多いかな。

まず、あけたい場所をだいたいイメージしておきます。
モデル写真があれば持って行って、お店の人に見せるといいかも。
わたしは軟骨の部分(ヘリックス)にあけたかったので
イメージする写真を施術の時に見てもらいました。

お店でファーストピアスを選びます。
当分は外せないファーストピアスなので
なるべく大きすぎないものにしました。
じゃないと寝る時とか痛い…。
特に軟骨にあける方は気をつけたほうがいいと思います。

施術後、「CROW」さんは処置の仕方などが書かれた
紙をくれます。日本語で書いてあるので安心です。

薬局で軟膏を買って終了。
「약」が薬という意味で、この看板、けっこう見かけると思います。
ピアス…って言えばすぐわかってくれると思います。

わたしがあけたのは両耳のヘリックスですが
右耳あけたときの方がちょっと痛かったな。
右耳がアンテナヘリックスっていう場所で
これがちょっと痛かった。

軟骨は安定するまでにけっこうな時間がかかって
1年経った今、やっとしっかりしたなーという感じです。

韓国はかわいいピアスが安く買えます。
駅の中にあるお店や、梨大や弘大にもお店は多いし
東大門総合市場なんかに行くと
パーツから買うこともできるので、自分で作りたい人にもおすすめです。

弘大の「CROW」さんの場所です。
いつも混雑の弘大9番出口を出るのが近いです。



e0064860_20420354.png


# by atougarashi | 2019-01-21 20:57 | 韓国生活 | Comments(0)
月一回のお楽しみ。

大好きな食器屋さんとコーヒー屋さん
そしてパン屋さんなどが集まって行っている
月一回だけの市場「다목적 시장」に行ってきました。

来月には帰国なので、このイベントに来れるのも
今月がとりあえずは最後かなー…。
ここでひとつ食器を買うことと
コーヒーを買うのが楽しみでした。
前回はコーヒー売り切れてたけれど、今回は買えました!


e0064860_20572758.jpeg

食器の「목련상점」さんは
日常使いしやすいお皿や器を扱っています。
금천구にお店があります。お店も素敵。
今回もちいさな器を買いました。
梱包したまま日本に持って帰ります。


e0064860_20573658.jpeg

木のぬくもりが優しい雑貨のお店も。


e0064860_20575206.jpeg


いつも人気の「까페 여름」さんのコーヒー。
가페、じゃなくて까페なんです。



e0064860_20571830.jpeg


e0064860_20584034.jpeg

 パンの「김감자빵」さん、いつもおいしそう…って思う。
今回、カヌレを買ったらすごくおいしかった!


e0064860_20580342.jpeg

ちいさなスペースでのイベントで
いつもあたたかい雰囲気です。

日本に帰ってインスタグラムでこのイベントのお知らせを見たら
ああああ!ってなりそう…。
素敵な食器、大事に持って帰ります。


# by atougarashi | 2019-01-20 21:42 | 韓国の食器や雑貨のお店 | Comments(0)
気持ちのいい空間。

少し行きづらいところにあるけれど
きっと素敵だろうな、と思っていた本屋さんに行ってきました。
うちからだとバスを一回乗り継ぎますが
地下鉄で「恵化駅」まで行って、バスも大丈夫です。
どっちにしてもバス乗らないと大変かも…。

「부쿠(BUKU Bookstore&Cafe)」さんです。
その名の通り、素敵なカフェが併設されている本屋さんです。


e0064860_22285165.jpeg

バスで行くと、バス停の前の道を挟んだ向かい。


e0064860_22283870.jpeg

e0064860_22290660.jpeg

贅沢な雰囲気の空間です。
入ってすぐのところが書店エリア。


e0064860_22302238.jpeg


本が窮屈そうじゃなく、ゆったり
たくさん並んでいます。


e0064860_22312731.jpeg

ジャンルはさまざま。
小説やエッセイなどが並びます。


e0064860_22304499.jpeg

解説カードが付いているものも。


e0064860_22303372.jpeg

e0064860_22300913.jpeg

これ面白かった。
Fresh Bookってなってます。



e0064860_22315097.jpeg


村上春樹さんの「ねじまき鳥クロニクル」の装丁が
とても美しかった…。
箱に入ったこの青い本です。


e0064860_22314246.jpeg

そしてカフェエリア。
スコーンやケーキもありました。


e0064860_22292087.jpeg

e0064860_22294252.jpeg

天井が高くて窓が多いから
気持ちがいいのかな。


e0064860_22342232.jpeg

スパイスクリームコーヒーだったかな。
シナモンが効いていておいしい。
乾燥やミセモンジが気になる日は
冷たいものが喉に気持ちがいい。



e0064860_22293160.jpeg

この書店はキュレーターの方がいらして
読書会のようなイベントも行われているようです。
「休みたい時、ゆとりを探したい時にまず思い浮かぶ場所になりたい」というのが
この書店の目指すところ。
そういう場所にふさわしい空間だと思いました。


「부쿠(BUKU Bookstore&Cafe)
月〜日 10:30-21:00
(インスタグラム等で確認してください)

行き方ですが…。
「恵化(혜화)駅」からバスで行くとします。
「혜화역.마로니에공원(01220)」駅から
バス「2112」番に乗って10駅。(約12分)
「서울다원학교(08223)」駅で降りてすぐです。



e0064860_22360029.png


# by atougarashi | 2019-01-19 11:25 | 韓国の本、書店、美術、博物館、映画 | Comments(0)
面白い。

韓国人って本当にコーヒーが好き。
よくドラマなんかでもコーヒーをテイクアウトして
職場の同僚に買っていく場面があるけれど
ああいうのは本当によく見るし
銀行の窓口の人も、かたわらにコーヒーがある。
そんなコーヒー好きな韓国ならではのイベントが
旧ソウル駅、ソウル284で行われています。
カフェ好きにはもちろん、カフェ経営する人たちの間でも
話題になっているイベントです。

ソウル駅の隣にあるのですぐわかると思いますが
旧ソウル駅はイベント会場になっています。
ブックフェアも行われたりします。
レトロな雰囲気が素敵なんです。



e0064860_22471712.jpeg

印象的なこのフラッグを
去年あちこちで見かけて以来気になっていたイベント。

入場時に紙のカップを受け取ります。



e0064860_22531892.jpeg


どーんとオブジェ。



e0064860_22530763.jpeg

カフェ好きにはおなじみの
名だたるカフェが出展していました。
コーヒーの購入もできます。



e0064860_22532714.jpeg

面白い展示もありました。
カップやポットなどが収納されている棚。
実はこの棚も購入できます。



e0064860_22485405.jpeg

ソウルの다방(喫茶店)についての記事も。


e0064860_22534218.jpeg


e0064860_22535558.jpeg


そしてインスタグラムなどでも話題になっているのが
このコーヒー豆を敷き詰めた部屋。
すごいコーヒーの香りです。


e0064860_22542071.jpeg


e0064860_22541177.jpeg


コーヒーを飲みながらくつろいだり
遊んだりできる部屋も。



e0064860_22544930.jpeg

先ほどの棚も。
これ…ベッドサイドデーブルに良さそう。
器用な人なら作れそうな…。


e0064860_22545833.jpeg

そして可愛いコーヒースタンドがあったので
いただくことにしました。

これ面白いんです。
下の部分にコーヒーとお水を入れると
ボコボコ湧いてくる。



e0064860_22551263.jpeg

e0064860_22552286.jpeg

おいしいエスプレッソでした。
淹れてくれたスタッフの方に
「1日どのくらい飲むの?」って聞いたら「僕は3杯かな」って。
大阪に行きたい、って言ってました。



e0064860_22553095.jpeg

わたしも韓国に来てから
コーヒーを飲む回数が増えました。
一歩外に出て、駅に向かうまでの間に
カフェがいくつあることか…。
それに道行く人の手にコーヒーがあることが本当に多い。
別にお洒落とかそういうんじゃないんです。
携帯と同じくらい当たり前にそこにある感じ。
この当たり前な感じがいい。

そんなコーヒー大好きイベントは
来月の2月17日まで。
ぜひ行ってみてください。


# by atougarashi | 2019-01-17 11:26 | 韓国のカフェ | Comments(2)
面白い!

「picnic」はいろんな人から「いいよ」と
すすめられていた美術館だったのですが
なかなか行けないままでした。
最初の展示(だったはず)が坂本龍一展で
これがすごく評価が高かったのですが
見逃してしまった…。

今は「Jasper Morrison」展をやっていて
ちょっと見に行ってきました。
南大門市場近くの회현(会賢)駅から歩いて数分ですが…。
初めて行く人は戸惑うかもしれない。

矢印の通り、曲がります。


e0064860_21534675.jpeg

すると通用口のような雰囲気のこれ。
この扉を横に開けると、ますます「ここでいいの?」な
雰囲気のドアがさらにあります。
いいんです。それ、開けて進んでください。


e0064860_21420150.jpeg

通路を進んでいくと外に出ます。


e0064860_21424114.jpeg

するとチケットブースの案内が出るので
チケットを買って入場。


e0064860_21591383.jpeg

おお、すでに作品が。


e0064860_21440767.jpeg


ジャスパー・モリソンは日本でも目にすることが多いと思います。
無印やアレッシーなどにも彼のデザインした作品があります。

ちょうど作品解説ツアーをやっていたので
紛れ込んでみました。


e0064860_21425794.jpeg

椅子の作品が多かったのですが
日用品なども。


e0064860_22152029.jpeg

これ、面白い展示方法だなーと思って。
メガネなのですが、台に穴が開いていて
耳にかける部分をそこにさして展示しています。


e0064860_22161042.jpeg


手前の椅子は軽くて
水に濡れても椅子にたまらないようになってる。
色も淡くていい感じ。
機能的なのに柔らかく見えるのは色のおかげかな…。


e0064860_21431870.jpeg

椅子の隣のボウルはコルクでできています。


e0064860_21435126.jpeg

これもコルクの椅子。
販売もしていました。


e0064860_21433252.jpeg

モデルルームのように展示されている部屋もあります。
実際に座って座り心地も試せます。


e0064860_21442082.jpeg

わたしはこの椅子がよかった!


e0064860_21443221.jpeg

テラスにも出られます。
グラスが並んでいます。
雨の日はどうするんだろう…。


e0064860_21445294.jpeg

販売コーナーを見下ろせました。
大きなものは注文なのかな…。
コルクの椅子は高かった…。


e0064860_21451079.jpeg

建物の中にレストランもありました。
ミシュランマークが…。


e0064860_22082488.jpeg

ここはパスして一階に。
一階にはギフトショップとカフェがあります。
ギフトショップ、撮影ができなかったのですが
けっこう面白い雑貨がありました。

カフェ、広々していい感じ。


e0064860_22094736.jpeg

わたしの好きなアレがあった。
아인슈페너です。



e0064860_21460512.jpeg

そうそう、美術館に入場する時におみやげもらいました。
韓国の美術館って入場時にポストカードとか
ちょっとしたおみやげをもらえることが多いです。
けっこうしっかりしているバッグ。嬉しいな。


e0064860_21452282.jpeg

この展示は3月までやっているようです。

회현(会賢)駅3番を出たら
Tマークホテルの横の道を上がっていきます。
3分くらいで最初の写真の看板が見えると思います。
ここはいるの?っていう木のドアが見えたら
それが正解です。


e0064860_21481145.png



# by atougarashi | 2019-01-16 22:22 | 韓国の本、書店、美術、博物館、映画 | Comments(0)
胸が痛む。

昨日は友達と映画を見に行ってきました。
韓国の映画ってピクチャーチケットを作ることができて
前回見た「스윙키즈」の分と、今回の「말모이」のを
出力してもらいました。
裏に日付と座席番号が書いてあります。
トレカサイズで絵柄も幾つか選べるみたいです。
いい記念になります!


今回見た映画は「말모이(言葉集め)」という作品です。


e0064860_10112625.jpeg

日本統治時代の話です。
なので日本人としては見ていて胸が痛いし
少し肩身がせまい気分になる場面がありました。

物語は、日本語を強要される日々の中で
監視の目をくぐりながら、各地の사투리(方言)を研究し
辞書を作ろうとした人々の話です。
ごく普通の書店の装い、地下にはたくさんの重要な書物や
辞書を作るための研究室のようなものがあります。
困難な状況下で辞書を作る。
最初は気も合わない、育ってきた環境も違う主役の二人が
だんだん心を通わせて、深い信頼で結ばれます。
登場人物たちは、それぞれの立場があり
時には疑心暗鬼になったり、常に苦悩があり…。
そんな中での友情や信念を丁寧に描いた作品でした。

韓国にも地域ごとに方言があり、ひとつの言葉が
地方によっては驚くほど違うことがあります。
「고추장(コチュジャン)」の発音をいろんな方言で言う場面があるのですが
こんなに違うんだ、と思いました。

韓国の国語院の前身なのかな?と思ったのですが
それとは違うっぽいような…。

その国の言葉の使用を禁止するって
なんて残酷なことを…と悲しい気持ちになりました。
戦争ってうんざりするほど最悪なもの。
目に見えるものも、見えないものも破壊してしまう。
正直言ってこの映画が終わった直後
今ここで日本語を話せない…って思いました。

物語は苦しいものでしたが、スピード感といい
ところどころに笑える場面、あたたかい気持ちなる場面があり
ぐいぐいと引き込まれる作品でした。
日本の軍人役の役者さんや、日本語を話す場面も多いのですが
その発音がとてもナチュラルでびっくりしました。
しかもその当時の軍人の使う日本語。難しかったのでは…。
抑揚なども細かく指導されたように思います。

主役の一人、윤계상(ユン・ゲサン)さんがとても素敵でした。
元はgodでデビューしたアイドルだそうで…。
すらりとして、優しい眼差しをした素敵な俳優さんでした。


# by atougarashi | 2019-01-16 11:09 | 韓国の本、書店、美術、博物館、映画 | Comments(2)
とろける。

韓屋マウルをたっぷり散歩したあとは
再び익산に戻り、友達の旦那様ご家族と一緒に
ごはんを食べました。
なんていうか…赤の他人の初対面のわたしにも
よくしてくださって…。
こういう団欒の場、って緊張するけれど嬉しい。

連れて行っていただいたのは
やわらかくておいしいカルビのお店でした。

「백제갈비」さんです。
炭が運ばれてきます。


e0064860_09375974.jpeg

ダイナミックなお肉。
このお肉がびっくりするくらいやわらかくて
おいしいんです。

友達に聞いたところ
タレに長時間漬け込んだり、そのタレに果物が使われることで
お肉がとってもやわらかくなるとか。
あと切れ目をたくさん入れる、とか。なるほど。

それを炭で焼くんだもん。おいしくないわけない!


e0064860_09381275.jpeg


e0064860_09382818.jpeg

そして今回気づいたのですが
網を頻繁に替えてもらうんです。
焼けたお肉の上に新しい網をのっけて
くるっとひっくり返し、前の網を回収…というのを
わりとこまめにやるんですね。
焦付きを防ぐためなのかな。
手早く切って、焼けたお肉は網の端によけていきます。

こうやって食べてもおいしいし


e0064860_09383967.jpeg

わたしは断然このたまねぎタレ!
韓国のたまねぎは、シャキシャキしてツーンとこないから
たくさん食べてしまう。
お肉との相性もとってもいいんです。

韓国の野菜で味が違うなーと思うのは
たまねぎ、にんじん、エゴマ、トマト。
味が濃いけどやさしい。
特にトマトはトマトらしい味のするものが多い気がします。
ちょっと懐かしい感じ。



e0064860_09384950.jpeg

塩派だったのに、韓国に来てタレのおいしさに
いろいろ気づかされた。


やわらかカルビのお店は


e0064860_09395967.jpeg

e0064860_09440596.png


賑やかにわいわい食べるごはん。
あたたかい夜でした。

ごはんを食べたあと、駅まで送ってくださって
帰りのチケットまで買っていただいて
ソウルまで帰りました。
電車の中でじーんと来ました…。

次はわたしが日本であれこれ案内したいな…。


# by atougarashi | 2019-01-16 10:08 | 韓国の街・韓国内の旅行 | Comments(0)
のんびり散歩。

ごはんを食べた後、車で전주の韓屋マウルへ。
한옥마을(韓屋マウル)というのは
韓国の伝統的なスタイルの家のことです。
ソウルにもあって、有名なのは北村韓屋マウルや
最近人気の익선동(益善洞)とか…。
今はこうした家を改築して、カフェやお店にしたり
ゲストハウスとして宿泊できるようにしているところも多いです。
日本でいうと、古民家宿泊とかそういう感じでしょうか。

전주の韓屋マウルも、そういう感じですが
もう少し広々した感じです。
ソウルだと坂の上だったり、道が狭い感じなのですが
ここは横に広がる感じに、韓屋エリアがありました。

有名な聖堂、전동성당(殿洞聖堂)です。
1914年に完成した聖堂です。


e0064860_10461000.jpeg

月曜日だったので、そこまで人も多くなく
散策するにはちょうどいい感じでした。

インスタグラムにもいくつか載せましたが
ブログにも少し記録として残しておこうと思います。

一本入ると、路地が入り組んでいたり。
こういう道が一番面白い。



e0064860_10493818.jpeg


e0064860_10453502.jpeg

こんな風にゲストハウスとして
利用されていたり。



e0064860_10462816.jpeg

屋根の感じが好き。


e0064860_10463910.jpeg

このマートの看板、味があります…。



e0064860_10503411.jpeg

と、思えばこういった場所も。


e0064860_10465746.jpeg

e0064860_10484391.jpeg

e0064860_10485403.jpeg

カフェやごはんを食べるところもたくさんあって
休みの日はきっとたくさんの人で賑わうんだろうな。
月曜日は閉まっているお店もいくつかありましたが
ゆっくり見たい人にはいいかもしれません。

あ、そうそう
チョコパイが有名だそうで!

ずっしりしたチョコパイです。
基本の味のこれ、わたしはけっこう好きでした!
ボリュームがけっこうあります。


e0064860_11265406.jpeg



# by atougarashi | 2019-01-15 11:29 | 韓国の街・韓国内の旅行 | Comments(0)
おいしかった…。

日曜日に日本の学校でお世話になっていた方から
ソウルにいると連絡があり、一緒にごはんを食べました。
韓国の男性と結婚するそうで、旦那様になる方も一緒だったのですが
「明日、家に行くから一緒においでよ!」と。
お家は전주(全州)の隣の익산という街。
行ったことがないところは行ってみたい。
お誘いに乗ることにしました。

KTXで一時間ちょっとです。
ミセモンジがひどくて、薄黄色いモヤの中を
KTXで駆け抜けて行きました。
もう本当にひどいんですよ、空気。


e0064860_00022708.jpeg

距離感はこんな感じ。


e0064860_00024014.jpeg

まずはごはん、というわけで
友達の旦那様になる方が連れて行ってくれたお店。

「따봉식당」さんです。


e0064860_00042478.jpeg

上から3番目の「오삼주물럭」


e0064860_00031353.jpeg

まずはずらりと並ぶおかず。
ケランマリ(卵焼き)がおいしかったです。
あとほんのりした酸味と、ぴんとしたからさが
あとを引くキムチチゲ。
キムチチゲがおいしいお店は、他の料理もおいしい。(と思う)


e0064860_00032828.jpeg


e0064860_00033856.jpeg

これをサンチュで包んでいただきます。

のり、ごはん、お肉、ニンニク。
この組み合わせ、パーフェクト!


e0064860_00040531.jpeg

お肉が香ばしくて柔らかくて
からすぎず、食欲をそそるタレがおいしい!


一応場所を載せておこうかな…。


e0064860_10151998.png

ところで、こうしてみると
익산の街は区画がはっきりしているというのか
碁盤の目状に近い感じです。
車で走っていても、道がすっとまっすぐ伸びていて
きれいな一本道になっているところが多かったです。
강릉に行った時もそんな街があったな〜と思い出しました。

知らない街って面白い。

# by atougarashi | 2019-01-15 10:24 | 韓国の街・韓国内の旅行 | Comments(0)

ミセモンジがひどい…

むー…。

昨日、今日と警報が来るほど
ミセモンジがひどいソウルです。

ミセモンジって、超微細粉塵っていうのかな。
日本でいう、PM2.5なのですが
ひどい時は目視できるというか
夜でもモヤ〜っとなっています。
今日もすごいモヤっていました。

留学を予定している方や
ちょっと長めの滞在を計画している方は
うがい薬などを持ってくるといいと思います。
というのは、うがい薬は韓国では処方箋が必要なんだそうです。
わたしも知らなかったのですが、友達がうがい薬を買いに
薬局へ行ったところ、処方箋が必要と言われたそうで…。
なので持ってくることをおすすめします。
ミセモンジ、この息苦しさは
体験しないとわからないかもしれません。
本当にひどい時は、朝起きた瞬間にわかります。

うがい薬は役に立たない、という人もいるのですが
とりあえずスッキリするので、それだけでも気分が違います。
あんまり見くびらない方がいいなーって思うのですが…。


今日はソウルタワーも赤かった…。
これ、ミセモンジの具合で色が変わるそうで…。


e0064860_23474998.jpeg

明日はもうすこしましになるといいな…。


# by atougarashi | 2019-01-14 00:03 | 韓国生活 | Comments(2)

ぺちこです。SHINeeが大好きすぎるほど大好きで、ジョンペンです!韓国に留学中。pechikosec@yahoo.co.jp


by ぺちこ
カレンダー